■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■今週は3日間開催

今週の競馬は3日間開催。
日曜は京都でシンザン記念、祝日の月曜には中山でフェアリーSと、2つの3歳マイル重賞が組まれています。

シンザン記念は、過去の連対馬にジェンティルドンナ、オルフェーヴル、ダイワスカーレットなどが名を連ね、“出世レース”と称されることもしばしば。将来の中長距離路線の中心馬になり得る逸材を見抜くという点でも注目に値する一戦と言えるかもしれません。
今年の場合、朝日杯3着のウインフルブルームと未勝利(レコード)と500万・ひいらぎ賞を圧倒的なスピードの違いで連勝したミッキーアイルの“一騎討ちの様相”と言われていましたが、前売りの時点ではミッキーアイルが断然の単勝1番人気に支持されているようです。
共に逃げ・先行型のため、他馬を置き去りにする“行った・行った”の決着が濃厚という意見が目立ちますが、ならば逆に、キレ味勝負の馬の台頭についても一考の余地があるかもしれません。
距離短縮がプラスに働きそうなタガノグランパ、ビップレボルシオン(個人的には後者の方が気になります)。フェアリーSを除外されてこちらに回ってきた牝馬のワイレアワヒネの末脚も侮れないでしょう。
京王杯で1番人気に支持されたモーリスも瞬発力に注目できる1頭ですが、初のマイルがどうか。京王杯を見る限りでは、京都外回りの長い直線が不安材料に思える部分もあります。

フェアリーSの方は、有力視されていたニシノミチシルベが除外されたことも含めて、かなりの混戦模様。
朝日杯9着(0.7秒差)のグリサージュあたりが、各馬の力を判断する基準になるのかもしれませんが、全16頭中9頭が前走で新馬もしくは未勝利勝ちというメンバーですから、正直、能力の比較が難しいと言わざるを得ません。例えば、仮に中山マイルの経験と持ち時計という視点で考えれば、グリサージュの朝日杯のタイムを上回る5枠2頭あたりが狙い目のようにも思えますが、成長途上にある3歳馬については数字で測れない部分の方が大きいと考えるべきでしょう。
マイル重賞になってからの過去5回の結果を見ても、うち4回が2ケタ人気の馬が馬券に絡んでいます。枠順に関しても、昨年のこのレースは真ん中より外の3頭での決着となり、一筋縄にはいかない印象。阪神JF上位馬は桜花賞を目標にトライアルから始動という定石がある以上、このレースが有力馬不在となるのは仕方ないのかもしれません。
個人的には、中山マイルに起こりやすいレースパターンを念頭に置いて、エクセレントビュー、イントロダクション、アンジュデュバンあたりの、瞬発力勝負ではなく緩みのない流れで好走しているタイプに注目しようかと思っています。

最後に重賞以外で気になるレースをあげるならば、月曜日の淀短距離S。
以前は、このレースを足がかりにシルクロードSから高松宮記念と勢いの乗ったタイプもいたので、ロードカナロア引退後のスプリント戦線を考える上でも、チェックが必要と考えています。



スポンサーサイト

■コメント

■ビップレボルシオン! [ちょび]

やった!私、ビップレボルシオン本命です!
タガノグランパは3番手です!

予想してからこちらに伺ったのですが、
いや~俄然自信が出ていました(笑

とにかく新馬戦の走りが格好良くて、
ビップレボルシオンは実は前走も本命にしたのです。
おかげで大損でしたが(笑

私の毎度のパターンですが
「2歳・3歳はよくわからないからカッコいい走りの馬を買っておけ!」
のテーマででビップさんは今年の一押しです。

展開は仰る通り人気2頭の先行争いかと思いますが、
枠の利でウインフルブルームがいくものの、
実力的にはナンバーワンのミッキーアイルにつつかれては
最後は苦しくなるのでは、と判断しました。

もちろん脚を使ったミッキーアイルも無傷では済まなそう分
馬券には絡みつつも、頭には差し馬の台頭が期待できそう…
ということでビップとタガノです。

タガノは新馬戦の持ったまま楽勝から注目しています。
前走の敗因が距離かどうかはまだわかりませんが、
新馬戦の1400を見る限り、
内枠で同じ京都ならなんとか1600は持つのでは。
前走はなんとなく道中ちぐはぐな競馬に感じましたので
騎手も今回は反省をふまえて乗ってくると期待しています。

距離面でいえば、ビップレボルシオンのほうが安心感はあります。
前走は大外ぶん回して直線伸びませんでしたが、
府中の新馬戦も馬場の真ん中を通してのものでした。
新馬戦で少しふらついたところもあり、
前走は道中もずっと外外まわしていたので、
もしかしたら馬ごみはダメなんでじゃないでしょうか。
13頭という頭数で、前が流れてばらけて京都の直線外一気なら
1600位でちょうど良いのでは、と判断します。

モーリスがいらなそうなんですけど、気になるのでいちおう抑えて。
3連単&馬連ボックス 2/8/11/12 
11以外の3頭で厚めに
前が大崩れまであるなら、の抑えに3から上記4頭の3連複を。


フェアリーSはケンします。
ちょっとどうにもなりませんw

一応、今開催のちょっと面白そうなテーマとしては、
普段はあまり血統は気にしないのですが(わからないのでw)、
中山芝がとにかく力のいる馬場のようで、
ディープインパクト産駒をけっとばしまくりOKで
馬券的には妙味がありますね。

今日は中山10Rだけ買ったのですが、
結果上位3頭はパワー型の血統で決まりました。

牝馬を軽視して2着アイスフォーリスを買わなかったため、
(パワー型のステゴだから買うべきでしたが…)
的中はしょぼい金額だけ買った抑えの単勝トリガミでしたが、
馬券は1・3・4・5着の構成でなかなか方向性は良さげです。

これを糧に13日の中山10Rを狙ってみます。
マイネル3頭、全部ステゴw
ま、ステゴはマイネルのところにいるんだから、多いのは当然ですが
マイネル3頭ボックスで馬連くらいなら何とかなるのでは、
と楽しみにしています。

■Re:今週は3日間開催 [いつものへい]

あけましておめでとうございます。
って遅いですね。(^^ゞ
昨年は多忙過ぎてなかなかブログにお邪魔させて頂けませんでしたが、今年はちょこっとずつ競馬を楽しもうと思っておりますのでまた宜しくお願いします。

シンザン記念は、ウインフルブルームを本命としました。
スピードに関しては小倉を経験しており、2戦目で阪神の1800mをこなしているので、経験値と自在性のある脚に期待です。
ミッキーアイルについては今回よりは先を見据えた感が有り、「ひょっとすると今回は違う乗り方を試してくるのでは?」と思い、嵌らなかった場合を考えて単穴止まりです。

安東先生におきましても今年は良い年になります様に。

■シンザン記念 [うに]

こんにちは。馬券的に妙味が無さそうなので、ワイレアワヒネから買います。人気薄を持ってくる池添騎手に賭けてみます。相手は、ウインフルブルームとミッキーアイル。馬単4⇔1・12
タテ目で来られても、一ケタだろうし悔しくない…と思う(^^;

■フェアリーS [うに]

こんにちは。12番のスイートガーデンが気になります。狙いは逃げ切り。これに続くであろうシーロアと、リラヴァティの堅実な走りに期待してます。馬単ボックスです!(^_^)v


淀短距離Sは、レディオブオペラは外せないとしても、ハイペースに巻き込まれる恐れがあるので、ローガンサファイアとニンジャの差し馬を買います。こちらも馬単ボックスです(*^^*)

■ちょびさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。

ビップレボルシオン!
う~ん・・・。
マイル戦で1000m通過が59秒7(3Fは35秒5)のスローでしたから、
出遅れ気味の後方からの競馬では厳しかったかもしれませんね。

先週のうにさんもそうでしたが、
気になる馬が被ると馬券に絡まない・・・。
変なジンクスにならなければいいのですが(笑)。

13日の迎春Sは、応援しましたよ!
直線の入口でマイネル3頭が外目から並んで上がってきた時には、
「おっ!ちょびさん的中!」って思ったんですけどね。
・・・残念でした。

今週も予想コメントを楽しみにしています!

■いつものへいさんへ [安東 裕章]

ご無沙汰しております。
お元気でしたか?
コメント、ありがとうございました。

私の方も昨年はほとんど競馬に参加できず、
ブログの更新もままならない状況でした。
今年はできるだけ楽しみたいですね~!

いろいろとお心遣い、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

■うにさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。

シンザン記念は、まあ、順当といったところでしょうか。
ワイレアワヒネは4着でしたが、牝馬であることを考えると、
限定戦に戻った時には要注目かもしれませんね。

フェアリーSは、
予想と同じくらい、結果の分析が難しい!(笑)
ゴチャついた展開で外をスムーズに走れた馬が上位に来たレースは、
あまりアテにならないというか・・・。
そもそも、タイムが同日の未勝利戦より0.7秒遅い。
少なくとも、桜花賞が楽しみ!というレベルではなかったと思います。

淀短距離Sはレディオブオペラが圧巻の走り。
カナロアの後継馬とまでは言い切れませんが、
新星が出てきたことは、嬉しいかぎりです!
(ローガンサファイア、惜しかったですね)

今週もぜひ予想コメントをお送りください。
楽しみにしています!

■しつこく中山のパワー型を狙ってみます [ちょび]

そうなんですよ、マイネル3頭、しめしめと思っていたのですが(笑

そんなわけで、今週も引き続きパワー型を狙います。
とはいえ、逃げ切りも厳しい馬場でもあるので、
本命に逃げ馬タイキパーシバルを選択しましたが、
正直ちょっと自信はないですw

でも、差し馬場だぞ、と思っているのは騎手も同様、
他馬がなめてくれるなら、まんまと逃げ切りは
コース形態的にも十分あり得ます。

前走もあわや、という逃げを見せていますし、
1F短縮はかなりの好条件です。
馬券は馬連で手広く、金額にも差をつけて

8→12/3/1/13/14/15

■あ、レース名抜けてた [ちょび]

1/18(土)中山11R ニューイヤーSでした

■ちょびさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

私もニューイヤーSは面白そうなレースだと思っていました。
(馬券は買いませんでしたが・・・)
タイキとルナが先導する流れで差し有利というのが、大方の見解だったようですが、
私的には「前のどちらかが残るんじやないのかなあ」という予想でしたね。
ですので、もし馬券を買っていれば、ちょびさんと同じような狙い方になったかもしれません。

ただ、レッドアリオンは消してただろうなあ~(笑)
ゲートに難がある馬で鞍上は出遅れ癖のある(最近はそれほどでもありませんが)蛯名騎手。
後方から外々を回らされて届かない・・・という予想をして、
「く~、2・3・4着かあ~」という外し方になっていたかもしれません!(笑)

日曜の京成杯の結果を見ても、今の中山は、
ちょびさんの見立て通り、パワー型向きのように思えます。
最終週のヒントにもなりそうですね!

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。