■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■日経新春杯&京成杯

今週は京都でハンデGⅡの日経新春杯、中山では3歳GⅢ・京成杯が行われます。

日経新春杯は、過去にルーラーシップやトゥザグローリーなどが勝ち馬に名を連ね、「GⅠ戦線で活躍できる力があればハンデは関係なし」と言われることもある重賞ですが、今年の場合は、出走16頭のうち重賞勝ち馬がわずか2頭(テイエムイナズマ=デイリー杯、フーラブライド=愛知杯)。それゆえ、どの馬にもチャンスがある混戦と考えた方がいいかもしれません。
菊花賞2着のサトノノブレス、有馬記念4着のラブイズブーシェ、ノド手術明けで58キロを背負いながら前走圧勝のアドマイヤフライトあたりが人気になりそうですが、実績の裏付けという点では今ひとつの印象。たしかに、このレースでサトノノブレスやアドマイヤフライトが完勝すれば、今後の中長距離戦線は面白くなるには違いないのですが・・・。
前走・アンドロメダSの凡走が不可解とされるラウンドワールドも有力視されているようですが、好走歴から判断すると“重い馬場向き”のようにも思えます。
むしろ怖いのは軽量馬の大駆け。
格上挑戦とはいえ、先行して最後に相手を突きはなす末脚が武器のステラウインド。前走よりも2キロ増ではあっても、3連勝中の勢いは無視できないフーラブライド。さらに穴候補としては、京都芝2400mは3戦3連対のコウエイオトメ、馬場のいい内を通って粘り込めそうなサフランディライトあたりが気になります。

中山の京成杯も前売りを見る限りでは混戦模様。
プレイアンドリアルが頭ひとつリードしているようですが、東スポ杯→朝日杯→京成杯というローテは、余裕のない使い方のようにも思えます。もっとも、ここで確実に賞金を加算して皐月賞に備えようという陣営の意図があるのかもしれませんが・・・。
このレースで興味深いのは、出走16頭中9頭が前走で「中山芝2000m」を走っていること。単純に時計だけを比較すればキングズオブザサンが断然ということになるでしょうが、レースで最速の上がりをマークしたのは、アデイインザライフ、ディアデルレイ、ウインマーレライ。メンバーと馬場状態を考えた上で、どの馬が持ち味を発揮できるかといった検討が必要かもしれません。
今後のクラシック(皐月賞)を見据える意味では、中山向きの立ち回りの巧さがあるかどうかにもポイントでしょう。東京実績の高いラングレー、ピオネロ、初の関東遠征となるヴォルシェーブ。このあたりの走りにも注目したいと思います。
個人的には、中山2戦でタイプの違う競馬をこなしたディアデルレイを中心に予想を詰めていきたいと思っています。


スポンサーサイト

■コメント

■ほぼ勘です [うに]

こんにちは。フーラブライドに期待してます! どの位置からでも上がりの脚が変わらないタイプは強い印象があります。愛知杯で買っていたけど2着馬が抜けていて外したので、今回は何とか、何としても私に富をっ!!
トップハンデが56キロということは、G2とはいえそれほど敷居が高くないのでは。勢いで来ないかな~

相手は、クラシックの経験のある明け4歳馬2頭を選びます。
サトノノブレスは仕方ないですよね。何でこのメンバーで55キロやねん。
テイエムイナズマはハマれば怖そうなので。
馬単ボックスです。


京成杯は、ディアデルレイは確かにセンスありそうですね! 私も安東さんに乗ってみよー(≧∇≦)
あとは、エアアンセムとホルボッシュ。馬単ボックスです。

■Re:日経新春杯&京成杯 [いつものへい]

安東先生こんにちは。

新春杯は、サトノノブレスからラブイズブーシェとサフランディライトへさっくりと流します。

勝負は京成杯の方を選びます。
エアアンセム軸で、ピオネロ厚めのラングレー、ボルボッシュへも流します。
エアアンセムは前走のホープフルを重く見ました。
アデイインザライフが個人的には面白そうですが、1勝馬で未知数的なところがあるので3連系の3着までとしておきます。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

いやあ~、申し訳ありません!!
ディアデルレイ、見せ場さえありませんでした!
もう、私の見解は、アテにしないでくださいね!(笑)

日経新春杯はかたい決着。
時計的にも優秀でしたし、1・2着馬に関しては今後も期待していいかもしれませんね。
うにさんの本命・フールブライドも、牝馬+斤量増であれだけ走れたことで、実力を評価できると思います。
で、何ですって??
12番人気だった愛知杯でこの馬を買っていた??
それ、もっと、自慢してもいいですよー!(笑)

「私に富を馬券」の的中、楽しみにしています!
(そう遠くはないように思いますよ!)

■いつものへいさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

新春杯は軸馬が1着、京成杯は「3連系の3着まで」と予想されたアデイインザライフが3着。
すばらしい見立てでしたね!
勝負レースを新春杯ではなく、京成杯にしたあたりも、さすが!と思いました。
いやあ、“玄人っぽい”ですね~!(笑)
エアアンセムについては、道中もまれっぱなしでズブズブという印象でしたが、
一方で、馬がまだ完成途上かなというふうにも思えました。
レースそのものは、例年よりも濃い内容という気もします。
今後、このレースからトライアルに出てくる馬については、走りの成長度を楽しみにしたいですね。

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。