■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■シルクロードS&根岸S

今週は東西で重賞が2鞍。どちらのレースも先のGⅠを見据える上で興味深い一戦となりそうです。

京都ではGⅢ・シルクロードS。
注目はやはり、4連勝中のレディオブオペラ。
500万からOPまですべて1分7秒台の勝ち時計で圧勝。前半3F33秒台の先行力を持ち、上がりも33秒台でまとめるスピードの持続性は、スプリンターの資質の高さという点で特筆すべきものだと思います。2キロの斤量増にはなりますが、これまでと同じ競馬ができれば、重賞初挑戦→初制覇の可能性も大。GⅠ・高松宮記念の有力候補に踊り出ることになるでしょう。
あえて不安材料をあげるならば、強力な同型不在のために、この馬自身が必要以上にペースを落として逃げた場合。後続が遅い流れを嫌って一気にマクり気味に上がってくるような展開になると、ゴール前横一線から僅差で差されるケースがあるかもしれません。

前走・OP尾張Sを完勝したストレイトガール。
北海道の滞在競馬で連勝飾ったことから、陣営も当日の輸送競馬に不安を持っていたようですが、その点は見事にクリア。内回りで直線平坦の京都コースは、前走の中京よりも条件的に向くとも考えられ、有力候補の1頭という見方も多いようです。
課題は時計への対応。時期的に時計がかかるとはいえ、京都の芝コースは函館・中京に比べると軽いことは事実。1分7秒台の持ち時計を持つ馬が1分8秒台の決着で好走するのが、このレースの特長とも言えます。北海道の重い芝で頭角を表わしてきた馬なので、そのあたりの適性が不安材料のように思えます。

先行するレディオブオペラを基準に考えた場合、相反する脚質のタイプが逆転候補と考える意見も少なくありません。
プレイズエターナルはハマった時の末脚を軽視できない1頭。馬券圏内を外した2走前の京阪杯にしても0.3秒差の4着。確実に追い込んでくるイメージがあります。もっとも、条件戦を連勝した頃に比べると“突き抜けてくる勢い”が今ひとつになったような気もしますが・・・。
サイレントソニックはややムラ馬の印象もありますが、ハンデ差を生かせれば面白い存在。欲を言えば、北九州記念のようなハイペースになってほしいところでしょう。
大外一気のイメージがあてはまりそうなスギノエンデバーも展開次第では馬券圏内の可能性も。ただし、陣営のコメントにもあるように、57キロは見込まれた感も。

実績ならば重賞3勝のマジンプロスパーですが、ここ2走(特に前走)の迫力のない走りが気掛かりに思えます。調子落ちの状態ならば、斤量58.5キロは“酷量”になるかもしれません。
条件戦を連勝して駒を進めてきたレオンビスティーは、調教の採点も高く、現在絶好調との見方もされています。もっとも、スピードよりもパワーで押し切るタイプとも思われるので、平坦な京都よりも坂のある中山の方が向いているかもしれません(持ち時計も1分8秒台)。当日、馬場が渋るようならば、プラス材料になりそうです。
同じ条件戦連勝ならば、明け4歳のワキノブレイブの方が、持ち時計がなくても“伸びしろ”に期待できるかもしれません。ただし、昨年夏から使い詰めという印象はまぬがれませんが・・・。
前走、OPを勝利したアフォードは、波乱のレース勝ち馬だっただけに、力量的に通用するかどうかを判断するのが取捨選択のカギになると思います。
大穴ならば、休み明け2走目のシュプリームギフト。強さはそれほど感じない馬ですが、個人的な印象を言えば、混戦の中から頭ひとつ抜け出してくる勝負強いイメージがあります。


東京ではGⅢ・根岸S。
フェブラリーSの前哨戦という位置付けではあるものの、実際のところは、本番のマイルでは距離が長い「1400mまでの馬」に注目するレースという意味合いが強いように思えます。

前売り1番人気(午後3時時点)のブライトラインは、東京1400(麦秋S)で強い勝ち方をした戦績はあるものの、その後は距離を伸ばして、「1800の先行馬」というタイプになったようにも見えます。したがって、今回の1400が適鞍と判断できるかどうか。仮に陣営に、フェブラリーSに向けて“速い流れを経験させる”という意図があるとすれば、本番への叩き台と考えた方がいいかもしれません。(もっとも、ここで結果を出さないと賞金的にフェブラリーS出走が危ないという見方もありますが・・・)

ドリームバレンチノはダートに転向して2戦2連対。適性の高さを評価する声も多いようです。もっとも、2戦とも脚抜きのいい道悪での地方交流重賞である以上、中央でどれだけやれるかは正直未知数。ある意味、今回は試金石の一戦と言えるでしょう。

芝の重賞勝ち(NZT)がある4歳馬のエーシントップは、2走前の東京ダート1400mを勝利。年齢的にも今後が期待される1頭と見なせるかもしれません。
問題は相手関係。GⅢとはいえ、キャリア2戦でダート歴戦組を相手に58キロは、数字的に微妙な印象もあります。

東京巧者・アドマイヤロイヤルは、武蔵野S2着以来、3ヶ月の休み明け。マイル実績が高いため、本番への叩き台という見方もできますが、反面、GⅠの常連とは言えない(OP~GⅢが好走条件)ことから、「このレースが目イチ」という考え方もできそうです。

同じく武蔵野S以来のゴールスキーも、GⅠにはもうひとつというタイプ。東京1400ではペルセウスSに勝ち鞍。外を回された武蔵野Sの時のように、位置取りがあまりに後ろすぎると厳しい展開になるので、いかにレースの流れに乗れるかがカギ。2走連続で最速の上がりをマークしている末脚は軽視できないでしょう。

暮れの中山・カペラS上位組も要注意。
1着・ノーザンリバー、2着・スノードラゴンともに「1400までの馬」。3着・シルクフォーチュンは、展開に左右されるものの、一昨年の勝ち馬。いずれも“先を見据えないこのレース”に勝負をかけてくるように思えます。もっとも、シルクフォーチュンは芝ダート兼用なので、高松宮記念を目標にするプランがあるかもしれませんが・・・。
カペラS4着のセイクリムズンは、1400m・11勝の距離巧者。昨年も3着に入ってきました。ただし、この馬の場合、内枠から道中インで脚を溜めて伸びてくる競馬が好走パターンとして目立っているので、今回の大外枠は歓迎とは言えないでしょう。

東京巧者のダノンカモンは大型馬の長欠明けだけに厳しい条件。GⅠ馬・テスタマッタは地方交流ではそこそこの結果を残すものの全盛期は過ぎた印象も。重賞の常連だけに軽くは扱えないかもしれませんが、今回はどうでしょうか・・・。

根岸Sに関しては、人気にならない激走候補が見当たらないようにも思えますので、人気馬の“買い・消し”の判断が馬券の収支につながるかもしれません。


スポンサーサイト

■コメント

■根岸S [ちょび]

【根岸S】
なかなか難しいそうなんですが、
今回は陣営コメントをいろいろと参考にしてみました。

1.エーシントップは前走が「コーナー4つに戸惑った」とのこと。
確かに芝の時も息を入れずに一気に行く勝ちレースが目立ちました。
コーナーでのブレーキが向かないなら、
絶好枠で先行できて、角2回の広い東京コースのここは買いです。
58kgは嬉しくないですが、これが56ならもっと人気になるでしょうし、
馬格も540kgなら問題なしとみます。
成績が面白いことに、名前のごとく馬券に絡む時は1着のみ。
2着3着がないのは、要は「自分のレースができるかどうか」
だけで、相手は関係ないのかもしれません。


2.アドマイヤロイヤルは四位騎手いわく
「細かいことは言えないがいろいろと難しい馬」らしく、
短い時間だけは良い脚が使えるとのこと。
東京コースが良いのは直線が長く、
そのチャンスを逃さず確実に発揮できるからのようです。
今回は先行馬が1/4/13あたりだと思うのですが、
ペースは落ち着きそうで、先行馬をゴール前に
ひょこっと捉えるイメージです。


4.スリーボストンは北村友一騎手と相性がよいのですが、
展開によっては逃げることもあります。
もし1と13がさほどハナを主張しなければ、
ここは思い切っていくはずです。
陣営は好成績の「重馬場」を願っているとのことでした。
残念ながら晴れですけど(笑)。
開幕週の土曜日、ダートの1400と1600で
逃げ・先行馬は3着までにかなり残っていました。
明言はしていませんが逃げそうな気配が漂いますのでオッズ的にも抑えます。
1着2着は展開などに恵まれる必要がありそうですが、3着なら。


5スノードラゴンは陣営いわく歯がゆいレースが続いていたので
思い切って2走前から追い込みに脚質転換したら嵌ったとのこと。
冬場に強いというより、夏が弱いとのことですが、
昨年もこの時期に府中ダ1400で見事な差し切り。
年齢もキャリアも決して若くはないですが、
まだ追い込み馬としては底を見せていないかもしれません。


16.セイクリムズンは大外で腹くくってぶん回してくると思います。
中枠で何とか内に潜り込もうとするより、いっそ結果は出るかもしれません。
でも3着が目いっぱいでしょうか。

3着までと予想している馬もいるのですが、ここは敢えて
配当にひかれて上記5頭の3連単ボックスにします。
常識にかからないことやってみます。

1/2/4/5/16 でも60点だとあまり金額買えないので(笑、
着順絞るとこんなフォーメーションで追加金額

1/2/5→1/2/5→2/4/5/16

抑えに馬連1/2/5ボックス

京都のメインは天候見てからギリギリで買います。
良馬場なら馬連1-2ですかね…。
余り荒れそうもありませんので、根岸Sに全力です。

■Re:シルクロードS&根岸S [いつものへい]

安東先生こんにちは。
コメント返しにお褒めの言葉、恐縮です。(^^ゞ

今日の競馬はシルクロードの方をメインに買ってみようと思っています。

軸は3プレイズエターナル。対抗は9マジンプロスパー。
レディオブオペラは昨日の雨で単穴まで下げました。
3着候補にサイレントソニック、テイエムオオタカを。
テイエムオオタカは調教が良かったのですが、枠が・・・と言うことで泣く泣く△でした。

根岸の方は、アドマイヤ丼に注意しながらドリームバレンチノとブライトラインを入れてボックスが妥当だと思っています。
個人的にはシルクフォーチュンの複を少し買おうと思っています。(´∀`)

■根岸で夕食のグレードが決まる… [うに]

こんにちは。今日は馬券でヘマをしないように、考えて参りましたよ。

シルクロードSは、レディオブオペラ1着固定です。この馬に先行されては、後ろの馬は追いつけないはず。しかし、この馬から馬単を買っても儲けは僅かなので、3連単を狙います。
安東さんも書いていらしたように、私も相反する脚質の馬が来そうな気がします。2、3着候補にはストレイトガールとプレイズエターナルとサイレントソニックを選びました。サイレントソニックには、軽ハンデを生かして、2着に食い込んでもらいたいです。


さて根岸… 私は、セイクリムズンに期待してます! このメンバーなら2着はあるとみました。相手はアドマイヤロイヤルとブライトライン。

馬単16⇔2・13
3連単ボックスです。


さて、ディナーとなるか飯となるか、ドキドキです(*^^*)

■ちょびさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。
インフルエンザは良くなりましたか?
お気をつけください。

さて、土日ともタップリのコメントをいただいて、
「本当に病気なのかあ?」という感じで・・・(笑)
いやいや、楽しんで読ませていただきました!
(詐欺に引っ掛からないように慎重に読みましたよ・笑)

ちょびさんにとっては“気のないシルクロードS”が
ドンピシャの馬連1-2でしたが、
リトルゲルダは私としては盲点でしたねー。
アイビス3着、北九州記念3着の実績に対して、
今回の斤量はその時よりも軽くなっていた・・・!
「狙えたなあ~」と悔やみました!(笑)

これからも「自称・インチキ予想(笑)」を楽しみにしています!
・・・それにしても当たったらスゴイ馬券ばかりだなあ~!
なので、ついつい応援したくなるんですよね!(笑)

■いつのへいさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

シルクフォーチュンの複勝、バッチリでしたね!
おめでとうございます!

シルクロードSの方は、
終わってみれば納得の結果に思えるのですが、
(リトルゲルダについては、ちょびさんへの返信を参照してください)
メンバー的に目移りしやすいレースでしたね。
私の「大穴・シュプリームギフト」って何??
いやあ、お恥ずかしい限りです!(笑)

大して役に立たないブログですが、
また、お時間がありましたら、お立ち寄りください。

■うにさんへ [安東 裕章]

こんばんは。
コメント、ありがとうございました!

レディオブオペラはストレイトガールに徹底マークされましたね。
岩田騎手の上手さだったと思います。
買い目はうにさんと似ていて、
レディ1着固定の3連単でサイレントソニックに色気たっぷりでした。

根岸Sは・・・実は私、大失敗をしてしまいました!
常連のうにさんなら、ブログを読んでおわかりだったと思いますが、
私の予想はブライトラインとドリームバレンチノは消し!
アドマイヤロイヤル、ゴールスキーは買い!
そして、カペラSの1~3着馬は買い!

・・・と、この時点で5頭ボックスなら的中だったのですが、
4頭に絞ろうとして、切ったのがシルクフォーチュン!!
くうう~、1・2番人気を消したなら、
手広く5頭ボックスでよかったのにぃぃ~。
もしくは、馬連を押さえておけばよかったのにぃぃ~。
どうです? 下手クソでしょう!(笑)

今週も予想コメントを楽しみにしています!
豪華なディナーになりますように!!


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。