■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■京都記念&共同通信杯+東京新聞杯

今週も東京は大雪。
土曜日の東京開催が中止→代替になるなど、2週続けてかなりの影響が出ています。
当日の馬場状態(回復度)はもちろんのこと、降雪によってトレセンが閉鎖された弊害などを考えると、馬自身の状態面のチェックにも注意が必要かもしれません。

日曜には重賞が2鞍。
GⅡ・京都記念の注目は、やはりジェンティルドンナの走りでしょう。
GⅠ5勝の現役最強牝馬が目標のドバイに向けてどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。そのあたりに期待してみたいと思います。
ひとつ気掛かりな点をあげるならば、騎手の乗り替わり。
主戦だった岩田騎手やJCを勝ったムーア騎手は、いわゆる“剛腕”。対して、今回テン乗りとなる福永騎手は、あたりのやさしいソフトなイメージがあります。
近走のジェンティルドンナは、やや掛かり気味に先行するレースが目立つだけに、道中で抑える力とスパートをかけてから最後まで追い続ける力はジョッキーとして欠かせない要素のはず。その部分で、福永騎手の起用については、若干の違和感があるようにも思えます。(もっとも、馬自身の能力はそれを補って余りあるものでしょうが・・・)

前走、GⅠ・マイルCSを勝ったトーセンラーも有力候補。
京都外回りコースを最も得意としているだけあって、陣営も距離にはこだわらずコース重視で出走レースを選んでいると言われています。
とはいえ、一気の距離延長はどうなのか。
京都大賞典を1走使ってからマイルCSへの距離短縮は見事に成功しましたが、今回は休み明けのぶっつけ。元々長い距離を主戦場としていた馬で、掛かるタイプではありませんが、少なからず戸惑うのではないかという懸念材料もあります。

エリザベス女王杯2着の4歳牝馬・ラキシスも、斤量差を考えると侮れない存在。ただし、エリ女は道悪での先行策による結果だったこともあり、本当の意味での試金石は今回という考え方もできると思います。
京都大賞典で波乱を演じた2頭、ヒットザターゲットとアンコイルドも、食い込みの可能性は十分。特に、アンコイルドは昨年夏以降の充実ぶりが顕著でJCでも0.3秒差と健闘。〈2.1.0.0〉と得意の京都コースならば、さらに好勝負に持ち込めるかもしれません。
他では、前走でようやく結果が伴った明け4歳のアクションスターの上昇度に注目。大穴ならば、良馬場回復が前提になりますが、前走の日経新春杯で先行有利な展開に泣いたコウエイオトメの一気差しに期待したいと思います。


東京では3歳重賞の共同通信杯。
こちらの注目は、東スポ杯を制したイスラボニータと、同レースで1番人気に支持されたサトノアラジン。
前者は東スポ杯ですでに完成されていたイメージがあるので、そこからどれくらいのプラスアルファがあるかという点。後者はラジオNIKKEIを使ったことで粗削りだった馬がどれくらい成長したかという点を確認してみたいと思います。
今回のレースは伏兵陣も多数。クラシックを見据える上で、現時点での実力差を測ることができる一戦と言えるかもしれません。

馬券的には絞りにくいレース。「東京コースが向いている」と陣営がコメントしている、関西のガルバルディとローハイド(どちらもディープ産駒)がどんな走りを見せてくれるのか。個人的には、新馬→OPを連勝した潜在能力に一目置いて、マイネルフロストの巻き返しに期待したい気もしますが・・・。
あとは馬場状態でどれくらいの時計になるかがポイント。道悪ならば、ラインカグラやシングンジョーカーの前残りの可能性があるかもしれません。



月曜日に代替となった東京新聞杯についても少しだけ。
全馬にあてはまる不安材料としては、1週間のスライドが悪影響になっていないかということでしょう。
特に、関西馬は再度の輸送。実際、ダノンシャークは調整の狂いを嫌って代替の出走を見送っています。多くの馬が3ヶ月以上の休み明けという条件なだけに、あるいは、調整過程が結果の明暗を分けるかもしれません。

人気が予想されるのは、コディーノ、エキストラエンド、サトノギャラントあたりですが、どの馬も絶対的な信頼を置けるかというと微妙なところ。
コディーノは2~3歳時の評価と実績こそ高いものの、昨年秋の毎日王冠では「古馬相手にはまだまだ」といった印象も。秋天で手綱をとり「マイルの方がいい」とコメントしたリスボリ騎手が連続して乗ることもあり、軽視はできないとは思いますが、朝日杯1戦のみのキャリアがマイラーの裏付けになるかどうか・・・。
エキストラエンドは前走で京都金杯を勝ち、ローテーションには問題はありませんが、前走勝ちの一番の要因はインで脚を溜めたルメール騎手の好騎乗。こちらもマイル実績は1戦のみ。今回も同じような競馬ができるかどうか、というより、どんな展開や位置取りにも対応できるかどうかがカギでしょう。
サトノギャラントはコース・距離ともに高い実績を持っていますが、重賞でどこまでやれるかは未知数。出遅れ癖があるので、後方からの競馬を強いられるようだと、苦戦するケースも考えられます。
ならば、得意のコースでGⅢでは力上位と思われるクラレントの方が軸馬向きという見方もできるかもしれません。

個人的に注目したいのは、適距離に戻り主戦の内田騎手が鞍上をつとめるヴィルシーナと、ピークは過ぎたと思わせながら昨年秋に走りが復活したホエールキャプチャの牝馬2頭。立て直しができていれば、東京コースで大化けしそうなサクラゴズペルも気になる1頭です。


追記

日曜の東京開催は中止、共同通信杯は24日に代替となりました。
なかなか3場開催の醍醐味を味わえませんね・・・。



スポンサーサイト

■コメント

■Re:京都記念&共同通信杯+東京新聞杯 [ちょび]

こんにちは。
雪でもう仕事が無茶苦茶です。
インドアの仕事なんですけどね…。
今日も普通に(というか残業モードで)仕事です。

しかし、ひそかに楽しみにしていた、ジェンティルの福永騎手!
いやぁ、安東さん、さすがに触れてくれますね!

「福永騎手来そうだからこのレースはやめよう…」
と、今年の誓いを守るために、馬券を買わないという
正しいか正しくないか、よくわからない事態が
多く発生していますが、このレースはまさに
「福永騎手、人気背負うけど信頼いまいち」な匂いがします。

コウエイオトメ、注目している馬なのですが、
渋い馬場が果たしてどうでしょう。
かといってパンパンの時計勝負も分が悪いんですけど。

アンコイルドは、函館のぐちゃぐちゃ馬場も
馬券に絡んでいますからひもには買いたいですね。
ヒットザターゲットは昨年の反省から無条件で購入(笑

帰ってからじっくり予想を楽しみたいと思います!

■Re:京都記念&共同通信杯+東京新聞杯 [いつものへい]

安東先生こんばんわ。
やはりと言うか何というか、雪の影響は凄いですね。
予想が大変です(笑)

京都記念は、トーセンラー本命でいきます。
休み明けが良い方に向くと思い、調教もなかなか良い時計が出ているので「京都の武豊」に託そうと思います(^^ゞ
ジェンティルドンナ、アンコイルド、ラキシスまで。
当日、馬場が回復傾向にないならトレイルブレイザーを3着候補に加えるつもりです。

17日の東京新聞杯は今回はパスして、18日のクイーンカップに勝負を掛けます(^^♪

明日の勝負は小倉9Rです。
10-11,8,6
来れば、豪華な晩飯です(笑)

■京都記念 [うに]

ジェンティルドンナのあら探しをしましたが、G1を叩き台にして2着(秋天)3着(宝塚記念)に入るような馬が、このメンバー相手に負けるとは思えなくなりました。
2・3着候補は、ラキシスとコスモロビン。
ラキシスは斤量53キロがやはり魅力ですね。
コスモロビンは、前走は距離が長すぎたみたいなので、一変するならこの馬かな~と期待してます。
3連単3→5・8→5・8

馬単3→8
ワイド3‐8
8の複勝


関東は雪で大変な事になってますね。大丈夫ですか? ブログの更新、ありがとうございます(*^^*)

■Re:京都記念&共同通信杯+東京新聞杯 [ちょび]

【京都記念】
◎コウエイオトメ
○トーセンラー
▲トレイルブレイザー
△アンコイルド

印的にはこんな感じでいきます!

コウエイオトメにとってはやや重は最高の馬場状態。
本当は明確な逃げ馬がいたほうが良い差し馬なのですが、
このレースは逃げ馬がいません。
で、展開考えたら、先頭に立つのは
最近かかり癖のあるジェンティルでは、と思います。

前に壁が作れなければ、ジェンティルは3~4着も
十分にあると思います。
コウエイオトメの差しが決まるには、相手関係のことも考えると
ジェンティルのかかり逃げが必須かな、と思いますが、
コース/距離/季節の適性考えてもここは面白いはずです。

休み明けが多いのですが、トーセンラーの馬体増は
マイラーからの筋肉改造の結果らしいので
信じてみます。

アンコイルドは馬体重見てちょっと評価下げ。
でもこのメンバーなら堅実に2着3着は確保しそうですが。

トレイルブレイザーか2年前の覇者。
休み明けの成績が、勝ちこそないけど何気にいいので(0313)
抑えておきます。

3連単&馬連ボックス 1/2/9/10
抑え3連複 3/5/7→1/2/9/10

おや、どうやら間違えて3番を入れて買ってしまったようだ…。

■あちゃー [ちょび]

逃げ馬不在で一瞬考えましたよ、
デスペラード横山騎手の逃げ。
でも一瞬でしたよ…とほほ。

間違って3番入れるなら、11番入れないと。猛省。

■東京新聞杯 [うに]

こんばんは。まずは京都記念…(-o-;)

馬券外しても、ジェンティルドンナには勝って欲しかったな~ 初めて騎手に腹が立ちました。何やってはったんでしょうね?
安東さんの違和感、大当たりでしたね。

あ、私のコスモロビンのところは、モザイク処理しといて下さい(笑)


東京新聞杯は、関西馬の再輸送の影響がどうなのかが問題ですよね。なので、関東馬2頭が馬券に絡めばいいかな~のスタンスで臨みます。

丁度、東京のオニが3頭いました。サトノギャラント、ホエールキャプチャ、レッドスパーダです。馬単ボックスとワイドボックスにしようかと思います。

■上質なミステリー? [ちょび]

京都記念は外れてしまいましたが、
改めて競馬の予想の面白さを感じました。

一つずつ謎を解いて正解にたどり着くというのは、
上質なミステリーにも似ているかもしれません。

ジェンティル外し、
京都巧者の2着、
パワー型でシルバーブロンズコレクターの3着
そして横山騎手の技ありの逃げ。

あと少しのところで正解を逃す、
悔しいですが、面白い!

ここの所馬券は不調でしたが、
楽しむことを思い出すことができて、
この4日開催を満喫しております。

そんな無欲(うそくさい…)のクィーンC買い目。

3歳牝馬わかりませんので、例によって走り方がかっこいい馬を。
このテーマだけなら、
10ダイワソフィー
15ラインハーディー です。
15はダート勝ちあがりでも芝未勝利も2着あり。
意外と今日の馬場は合うかも。
ただ差しが決まっている模様で、それなら10の一発もあるかな?

と無理やりこじつけてみる(笑

3連単&馬連ボックス 2/6/10/15

■Re:京都記念&共同通信杯+東京新聞杯 [ちょび]

よっしゃー、すごいトリガミキター・笑
勝負師ならば、1点で行くところだと思いますが、
ヘタレ…いや無欲の証明ってことでw

4日後にはまた競馬できますよ。楽しいですね♪

■日・月・火の3重賞 [電気羊]


京都記念と東京新聞杯、クイーンCをやりました。と言っても月・火は「エア馬券」です(笑)


●京都記念

過去5年の1着馬には、「前走重賞」、「京都中長距離勝ち(ブエナビスタは勝ちはないもののG1で3着)」、「2200M以上の重賞連対」いうざっくりした共通点。
ジェンティルドンナ、ラキシス中心に、トーセンラー、ヒットザターゲット、デスペラードでワイドを。
ただ、1F長いですが前日の2400Mでネオユニヴァース産駒が勝利。
また京都2200では、ディープ産駒に続くのがジャンポケ、ハーツと共にトニービン絡み。
デスペラードには距離が短い感じもしたし、ポリトラック調教の馬はまず走らんしなぁと思いつつ、パワー・スタミナのある血統が走っているようだし、明らかに前走より動けていたので11番からのワイドも買い足し。これが効を奏し1点ながらワイド的中です。


●東京新聞杯

2・3着のワイド的中(仮)。
クラレント、レイカーラから人気どころへ。
戦歴からならホエールキャプチャはもちろん「買い」。調教も良し。ですが、牝馬で斤量57では買いづらい。


●クイーンC

ワイド3点的中!(仮)
マジックタイムとニシノアカツキにフォーエバーモア、デルフィーノ、ツクバアスナロ(除外)。デルフィーノはマイナス10キロ。調整がうまくいかなかったんでしょうか。


なかなかいい結果でした!
でも、“買ってないときに限って当たる”のはよくある話ですからねぇ…(笑)



■ちょびさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。

「競馬の面白さは上質なミステリーにも似ている」
まったく同感です!
特に今回の京都記念はクオリティの高い一冊だったように思えます。

デスペラードの逃げ・・・。
追込一辺倒の馬を先行させてステイヤーズSを勝たせた横山典騎手というヒントがありながら、
私も正解を逃してしまいました!(笑)
ジェンティルドンナの危うさは見逃さなかったんですけどね・・・。

あ、そうそう、ナイス馬連!(笑)
的中おめでとうございます!
トリガミでも正解には違いありませんから。

今週の予想コメントも楽しみにしています。


■いつものへいさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。
先週の雪は大変でしたね。

京都記念は手堅い予想で勝負の小倉は人気薄を絡める狙い。
いやあ、またしても“玄人っぽいなあ”と思ってしまいました!(笑)

今週はいよいよGⅠですね!
層の厚いダート戦線、楽しみにしたいと思います。


■うにさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。

ジェンティルドンナは危ないなと思いつつも、
正直、私も、強い勝ち方をしてほしいなという気持ちもありました。
敗因の全部が騎手のせいだとは思いませんが、
トゥザグローリーにマクられた時の対応が中途半端なようにも見えました。
福永騎手は「もう余力がなかった」と言ってますけど・・・。
コスモロビンは・・・まあいいか!(笑)

東京新聞杯、ホエールキャプチャは強かったですね!!
休み明けで牝馬の57キロ。
関西馬は2頭が回避して、どうかな?と思っていましたけど、
2・3着馬はきちんと力を発揮できたということでしょう。

さーて、そろそろ豪華ディナーの予感も??
今週もがんばってください!!


■電気羊さんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。
的中おめでとうございます!(エアも含めて)

京都のトニービンは、私も頭の片隅にありました。
でも、デスペラードは距離がなあ・・・
横山典騎手の乗り方にも「やられた!」という感じで・・・。
このあたりを想定できるようにならないといけませんね。

予想の調子はよろしいようですね。
今後も期待しています!


■京都 11R [うに]

安東さん、おはようございます。ダイヤモンドSは興味が湧かないのでパスします。それより、荒れる淀の最終週に狙いを定めました。

的はエーシンシャラクの押しきり! 予想の最初は、最終週だから差し馬だろうと決めていましたが、結構人気しているので、照準を先行馬に切り替えました。
相手にアドマイヤドバイとマイネボヌール。10番軸で、ワイドと馬単マルチです。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。