■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■中日新聞杯

今週は土日に3重賞。
土曜日は中京でハンデGⅢ・中日新聞杯が行われます。

人気の中心となりそうなのは、アンコイルドとラキシス。
共に、GⅠ・別定GⅡでも好走歴があり、戦績面から言えば“抜けている”印象もあります。叩き2走目のローテで上積みも見込まれ(2頭とも前走はプラス2ケタの馬体増)、前走GⅡからのGⅢ出走は、ハンデ戦とはいえ「このレースを勝ちにきた」と考えるのが妥当かもしれません。

気掛かりな点をあげるならば・・・。
アンコイルドについては、陣営が「坂のあるコースを意識した調教ができた」とコメントしていること。受け取り方によっては、この馬は坂のあるコースを得意としていないと陣営が判断しているようにも思えます。仮にその通りならば、最後に斤量差が響くのでは?という懸念も。
ラキシスに関しては、ローカルの2000m戦がどうなのかという点。近4走はすべて2200m戦で、エリ女と京都記念はスローの上がり勝負でした。2Fの距離短縮は負担にならないでしょうが、プラス材料として考えられるかどうか。初の中京コースでゴチャつきやすいフルゲート。経験値を物差しにすれば、不安な要素も少なからずあるように思えます。

上記2頭にもあてはまることですが、GⅢ戦を考える上でのポイントのひとつは、前走で上のクラスを走っていたかどうかということ。いわゆる“格落ち”の馬は、検討対象に加える必要があると思われます。

前走、AJCCで差のない4着だったレッドレイヴンは、元来は左回り巧者と評価されていたこともあり、条件好転と考えてもいいでしょう。ただし、AJCCのゴール前でもうひと伸び足りなかったように、距離は1800mがベストの馬。2F差をどう克服するかが課題かもしれません。(2200から2000への短縮がその対処策という見方もできますが・・・)

AJCC5着のフラガラッハは〈2.0.0.1〉の中京巧者。ただし、マイル路線から距離を伸ばした近走の内容はもうひとつ。末脚を生かせる展開になれば浮上の可能性もありますが、この条件でのトップハンデは少々見込まれた感もあります。

前走、京都記念7着のアクションスターは、2走前の準OPの走りと比較すると、重賞の壁があるようにも見えました。ただし、鞍上の北村友騎手は、時として“決め打ちの追い込み”を見せるジョッキー。馬場や展開によっては、馬券圏内に突っ込んでくる可能性も。

前走、中山記念9着のユールシンギング。セントライト記念勝ちの実績があり、明け4歳世代では上位の評価をされていただけに軽視は禁物でしょう。中京は初ですが、左回りコースは〈2.2.1.0〉。出遅れ癖が目立つため、後方からの競馬を強いられると厳しいでしょうが、内枠を生かしてある程度のポジションでレースができれば面白い存在になるかもしれません。

休み明けにはなるものの、出走馬の中で唯一前走GⅠ(有馬記念)を走ったラブリーデイ。昨年春はクラシック戦線に名を連ね、古馬混合となった初のGⅢ・小倉記念で2着、暮れの金鯱賞でも2着と、重賞でも十分戦える手応えを見せてくれました。開幕週で先行馬に味方する馬場であれば、当然マークは必要。あとは、他馬との兼ね合いで56キロの斤量がどうかという点。

同じく休み明けのエックスマーク。前走のステイヤーズS8着は、陣営いわく、距離が長過ぎたのが敗因。今回は〈2.1.0.1〉の2000m、〈1.0.2.0〉の中京と条件は好転します。重賞経験が少ないため、慣れが必要かもしれませんが、本ブログ更新の時点では個人的に穴として狙ってみたい1頭。

他にも伏兵は多数。
格下感は否めないものの、57キロから54キロへの斤量減が魅力のマーティンボロとカネトシマーシャル(近走充実のマーティンボロは人気になるかもしれませんが・・・)。近2走、東京2000mで安定した走りを見せているアロマカフェ。マイペースに持ち込めた場合のサムソンズプライド。このあたりが面白い存在かもしれません。

あとは、開幕週の中京の馬場がどのような状態なのかがカギ。
必ずしも前と内が有利になるとは限らないクセのある競馬場なので、できれば当日のレースである程度の傾向を把握しておきたいところです。
スポンサーサイト

■コメント

■中日新聞杯 [うに]

安東さん、おはようございます。昨日は講義をして下さりありがとうございました。
さて… 今日は、2夜連続スペシャルディナーができるように頑張ります!
中京コースは、じわじわ伸びてくる馬が好走するイメージがあるので、切れる馬は消し。アロマカフェ、ブレイズアトレイル、ラブリーデイあたりが、前で粘っていそうなイメージです。ただ、逃げ馬を捉えられるのか微妙なので、サムソンズプライドも買っておきます。

9・12・13・18の3連複ボックス。
馬単9⇔12・13・18

アロマカフェの55キロって、実績の割りに美味しくないですか? いつも惜しいので応援の意味でも軸にします。

■Re:中日新聞杯 [ちょび]

週末はハンデ重賞が二つも。
しかも一つは牝馬限定の荒れるレース。

ネットでもリアルでも
「ちょびさん出番ですね!」と何度か言われましたよ(笑
絶不調ですが、がんばります!

【中日新聞杯】2アンコイルド
え~と…すいません、現在1番人気です(笑
2000で馬券対象に外れたのは、
秋天と昨年のこのレースだけ。
秋天はペース相手関係など特殊なレースだったのでまぁ参考外。
でも4着は立派です。

問題は昨年のこのレース。
調子落ちだったとはいえ見せ場なし。
馬体減位しか思いつきません。

まぁこういう「よくわからんけど負けることもある馬」
という結論にしました(笑
だからこそ、このレースのようなローカルハンデにはお似合いかと。

選択の決め手としては、逃げ馬不在のスローペースになりそうで、
枠なりで前々の位置取りは有利に働きそうです。
また、良馬場とはいえ、週中には雨が降りダートは
重馬場スタート。
パンパンの良馬場ではなく、水分の含む良馬場は、
パワー型のこの馬には適合すると思いました。

紐には
4エックスマーク
13ラブリーデイ
14アクションスター

4エックスマークはここ2戦は明らかに不向きなレース。
登録馬が少ないから除外されないことと
可能性を探って出走したのでしょうか。
適合条件の2000のここは狙い目です。
あと確か外枠より、前に壁が作れる枠が良かったはず。
どこがで見て、ソース探したのですが見つかりませんでした(笑
ガセネタ・勘違いかもしれません。

13ラブリーデイ
金鯱2着とはいえ、着差もあり、展開に恵まれた感はあります。
私、金鯱賞の馬連をとっているのですが、
その時ももさほど人気ありませんでした。
でも馬券対象に選んだ理由が
「金鯱賞のまえの小倉記念は展開に恵まれた」
「軽ハンデだった」
「今回は休み明け」
というように人気にならない要素があったけど、
それでもなんとなく馬券に絡むタイプかも、
とひねくれたのが理由です(笑
これもハンデ戦に向くタイプではないかと。

14アクションスター
安東さんのコメント拝読して、
ふむふむ確かに、これは匂いますね…と決断!(笑

北村騎手のレース直前のコメントは
「今まで自分がまたがった中で一番状態が良い」とのこと。
ただ「良い状態です」というコメントは信頼度低いですが、
比較対象を挙げている点がちょっと興味を感じます。
実際、北村騎手は前々走条件戦を勝っているのですが、
その時よりも良いということになりますからね。

その条件戦も、3歳の京成杯2着も、
1000mは61秒、62秒のスローペースでした。
流れるより、スローの方がチャンスのある差し馬かもしれません。
だとしたら今日は間違いなく展開が向きます。

3連単ボックス 2/4/13/14
馬連 2→4/13/14/6/15/17

書いていたら14アクションスターが本当に来そうな気がしてきたので、
馬連この馬の軸も少額買い足します。
詐欺師コメントに自分が騙されるってどうなの?(笑
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。