■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■高松宮記念

春のスプリント王決定戦、GⅠ・高松宮記念。
ロードカナロア引退後の新たな勢力図を確認する上でも、非常に興味深い一戦になりました。
今回は1頭ずつ検討してみたいと思います。

●マジンプロスパー
スプリントGⅠの常連で中京巧者だが、外目からスムースに進出して直線先頭が勝ちパターンのため、今回の最内枠はマイナス(枠順決定後の陣営のトーンも低い)。もっとも、荒れ馬場は苦にしないタイプなので、内々をロスなく回って最内を突くような競馬ができれば、圏内の可能性も。

●サクラゴスペル
昨年の4着馬。秋のスプリンターズSでも4番人気に支持され、本来の能力評価は高い馬。その意味では人気の盲点と言えるかもしれない。マイルからの距離短縮、鞍上は中京得意の松山騎手。不気味な存在にも見える。末脚のキレるタイプではないので、内々を巧く立ち回れるかがポイント。

●サンカルロ
前走・阪急杯で見せた末脚は圧巻。8歳馬だが衰えは感じさせない。ただし、前走で最内がポッカリ空いたのはあくまで展開のアヤ。できれば外枠が欲しかったという陣営のコメント通り、差し勝負に持ち込むならば外を回りたいところ。先行勢が多いため直線でどのように馬群を捌くかがカギ。

●レッドオーヴァル
初の1200、斤量55キロといった課題があり、重賞未勝利のため実績面での見劣りも否めない。ただし、この馬を管理するのは、カレンチャン、ロードカナロアを輩出した安田隆厩舎(2週前のトリトンSもこの厩舎の馬のワンツー)。素質を見抜いた上でのスプリント参戦であるのならば、軽視はできない。

●コパノリチャード
前走・阪急杯は2着馬に0.7秒差をつける逃げ切り勝ち。1200は初距離だが折り合いを気にしなくて済む分、さらにスピードを生かせるはず。問題はハクサンムーンの存在。テンのスピードではハクサンに劣るため、どのような戦法をとるのか。陣営は「控えてもいい」とコメントしているが・・・。このあたりはデムーロ騎手の手綱捌きに注目。

●リアルインパクト
出走メンバー中、唯一のGⅠ馬。初の1200m戦となった前走のオーシャンSは8着。出遅れが敗因と言われており、一戦だけでは見限れないかもしれない。もっとも、本来の先行策で臨んだとして、スプリントの速い流れに対応できるかどうかは未知数。

●レッドスパーダ
昨年の秋天にも出走していたように、マイル以上の距離でマイペースの走りをするイメージが強い。そう考えると、前走・オーシャンS3着は及第点以上の結果かもしれない。時計勝負では分が悪いだろうが、パワーを必要とする消耗戦になれば浮上する余地も。左回りはプラス。

●ガルボ
前走の阪急杯は、コパノリチャードをマークする競馬をしながら4着に踏み止まったという点では評価できる。今回は久々の1200m戦。番手マークから直線抜け出しが持ち味の馬なので、流れへの対応と同型(逃げ馬マーク)との兼ね合いがカギ。

●ストレイトガール
前売り1番人気。昨年夏以降は目を見張る快進撃が続き、前走のシルクロードSも逃げ馬をマークして直線で突きはなす“横綱相撲”の競馬。北海道の洋芝で結果を残していることから、時計のかかる中京の馬場も苦にはしないだろう。あとは、キャリア的には前走が重賞初勝利という馬だけに、500万からトントン拍子に勝ち進んだ勢いで、GⅠの壁をも突破できるかどうかが課題。

●シルクフォーチュン
芝・ダート兼用の8歳馬。イメージとしては、最後方から追い込んできて3着というタイプ。それゆえ、先行勢の揃った今回は、展開次第で突っ込んでくる可能性も。もっとも、近走はダート戦にシフトしているようにも思えるので、芝で以前のようなキレ味を発揮できるかどうかは少なからず不安。

●インプレスウィナー
左回りの芝1400では強烈な末脚を発揮する馬。ただし、ここ3走は1200m(うち2走は右回り)でも差のない競馬をしているので、ハマれば怖い存在。先行激化が予想される中で、穴馬として取り上げる競馬記者が多いのもそのためだろう。あとは、当日の馬場状態。あまりの道悪になった場合はキレ味が削がれるかもしれない。

●ハクサンムーン
スプリントGⅠ3着→2着、さらにセントウルSではロードカナロアに勝利という実績を踏まえれば、ここでは間違いなく有力候補。ただし、休み明けだったとはいえ前走のオーシャンSの失速を見ると、「本当に巻き返せるのか?」という不安もよぎる。たしかに、昨年はオーシャンS9着からの一変を見せたが、元来「寒い時期は体が硬くなりやすいタイプ」(陣営談)である以上、昨年夏の走りをそのままイメージするのは危険かもしれない。今回のレースの取捨選択において、一番のポイントになりそうな馬。

●アースソニック
昨年秋の京阪杯勝ち馬。もっとも、スローの前残りのレースだっただけに、展開が味方した部分も少なくない。実際、近2走はハイペースで流れに乗り切れないチグハグな競馬。正直、GⅠでは敷居が高い印象。

●レディオブオペラ
4連勝で臨んだ前走のシルクロードSではストレイトガールに交わされ2着。陣営いわく、大幅な馬体減が敗因とのこと。となれば、体調次第では見直せる余地も十分ある。問題は、この馬の良績が京都に集中していること。京都の軽い芝と中京の時計のかかる芝は明らかに異質。そのあたりを克服できるかどうかがカギ。

●スマートオリオン
前走・オーシャンS勝ち。1200mでは8戦すべて連対という数字が光っている。気になるのはローテーション。連闘後の中2週で輸送競馬。近走すべて中山で走っていることもあり、余計に輸送による負担が不安視される。前走は最内から抜け出す、言わばコース取りの勝利。外目の枠に入った今回はどのようなポジションからレースを進めるのか。名手・横山典騎手の乗り方に注目。

●エーシントップ
昨秋以降はダート戦線に矛先を向けていたが、ここで再び芝へ。2・3歳の重賞で3勝をあげているが、初の1200mでいきなりGⅠはどうか。明け4歳の成長力を考えると、不気味な存在にも見えるが、好走の裏付けは乏しいというのが正直なところ。ただし、信じられない大穴を開けるのは、こういうタイプかもしれない。

●スノードラゴン
ダートから芝へ転じた前走のオーシャンSで2着。とはいえ、芝では前走を含めて〈0.4.0.1〉の数字を残しているので、フロック視はできないだろう。時計がかかって、外差しが決まるような展開になれば面白い存在。インプレスウィナーと同じく、穴記者の推奨が多い1頭。

●マヤノリュウジン
昨秋のスプリンターズS3着。前半が速く、上がりがかかる展開を得意としていて、それゆえ京阪杯は流れが向かなかった。スプリンターズSの時は好位のインで流れに乗れただけに、今回の大外枠はマイナス材料だろう。先行したいタイプ全般に言えることだが、3コーナーまでにどのようなポジションを取れるかどうかがポイントになりそうだ。


こうして全馬について書いてみると、ロードカナロアの引退によって、王者不在の混戦であるように思えます。ストレイトガールが前評判通りに新たな“スプリント女王”の座につくのか。あるいは、他の馬が名乗りをあげるのか・・・。
当日の雨予報は心配ですが、熱戦を期待したいと思います。




スポンサーサイト

■コメント

■Re:高松宮記念 [ちょび]

全頭コメント参考になります!
ありがとうございます!

さっきまでグリーンチャンネルでドバイを観戦していましたが、
突き抜けたジャスタウエイ、
無理やりこじ開けたジェンティルドンナ、
共に素晴らしかったです。

凱旋門賞とかもそうですが、馬券なしで応援で観る競馬は
思った以上に面白いものです。
普段ジェンティルもジャスタウエイにも全く稼がせてもらっていませんがw


【高松宮記念】
絶対王者の引退で混戦ムード。
さらに不良馬場と予想される悪天候。
予想のファクターはいろいろあるのですが、
ここはシンプルに「重馬場」を重視して組み立てます。

決まり手としては、「最後の直線突き抜ける馬」を探すのではなく、
「重馬場を苦にせず、先行してしぶとく生き残る馬」を探します。
また、本来外差しで決まりやすい中京ですが、
内々で距離ロスのない馬が3着位に伸びてくることも想定します。

本命にコパノリチャード。
単騎で逃げなければまず勝てない馬で、
今回は先行馬多数な上に、
ハクサンムーンにハナを取られて勝てない、
との見方が多数でしょうか。

確かにハクサンムーンはテンが速いのですが、
もし不良馬場となったらどうでしょうか。

ハクサンムーンの前走は参考外でいいと思うのですが、
むしろ今回の不良馬場を陣営はかなり嫌がっている様子です。
「重馬場は不向き」と名言もしていますが、もしこれが
「テンのスピードがなくなるから」という理由なら
枠の利を活かして、コパノが頭を取りきれるのでは、
と思っています。

ミルコの良いところは、こういう
「こうしてくれないと勝てないよ!」という条件付きのレースを
きっちり仕事してくれるところですね。
ロゴタイプの朝日杯FSもそうでした。

また、頭が取りきれなかった時も、一応
「他馬と並走しなければ、2番手以降でもOk」らしいので、
2段階で作戦立てていると思います。


対抗にレディオブオペラ。
今の中京は洋芝オーバーシードで、しかも明日は重馬場。
相当力のいる馬場となります。
よって馬格の450kg以下の小柄な馬はほぼ全部ばっさりいきました。

この馬は牝馬ながらの立派な500kgの体。
また未勝利戦とはいえ、不良馬場の函館で2着に9馬身、
3着には15馬身差の圧勝。
これは能力の違いだけでなく、重馬場・力のいる馬場適性とみます。
京都で良績なので、中京は不向きっぽいのですが、
まぁ他場をほとんど走ったことがないので、この点は
ダメというよりは未知数ということにしておきましょう・笑。

騎手の著書も発売直後に読みましたが、
やる気のなさだけが心配です…。
今日も1番人気3つも飛ばしていますし。

3番手にサクラゴスペル。
もう安東さんの仰る通り!
元々評価が高く、人気落ち。
でも実は去年も4着で、そのときの上位2頭はもういない。
怪しいですねえ。実に良い匂いがします。
こういう「終わってみたら上位に来る理由があった」
先日のコパノリッキーのようなタイプを買うのが穴党の醍醐味ですね・笑

松山騎手は調教つけにわざわざ美浦に初見参したそうですね。
ドリームバレンチノで果たせなかった夢を
(結果的にはロードカナロアと同じ時期だったのが不運としか)
中京のキャリアと共に爆発させてほしいと思います。

4番手にサンカルロ。
どうにも条件は合わないのですが、この馬は理屈じゃなくて、
なんだかんだ2着3着を確保するタイプ。

阪神1400が得意なのは有名ですが、意外とコースだけでなく、
季節がよいのかもしれませんね。
夏場がだめ、というのは以前から明言していますし、
冬場に阪神1400の重賞が2つありますから。

あと、ポツンと1回馬券に絡むのではなく、
「1回絡めば、2回以上絡む法則」もあります。
これは調子が上がれば維持できるタイプってことでしょうか。
前走馬券対象になっていますので、今回もヒモには入れます。

3連単&馬連ボックス 2/3/5/14 5/14の頭絡みを厚めに。
抑え3連複 4→2/3/5/14

日・月で伊豆の温泉でのんびりしてきます。
日曜は悪天候ですけどw

■高松宮記念♪ [うに]

こんにちは。時間が迫ってきているので、簡単に書きます。差し有利になってきた馬場ですが、不良になったので、先行馬狙いでいきます。
中心は、やはりストレイトガールですね。どんな展開でも来ると思います。
マジンプロスパーは、今の馬場なら来そうな感じがします。あと、ハクサンムーンも。この3頭で馬単ボックス。
もう1頭、レッドスパーダの先行してのしぶとさも加味して、3連複ボックスに加えます。

安東さんの見解に比べて、あっさりしすぎてすみません(笑)

■ちょびさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。

カラダレジェンドの単勝、心配しましたよ!(笑)
スプリングS(阪神大賞典)についてのコメントがなかったので、
かなり酷いダメージがあったのでは?・・・などと、
勘ぐってしまいました。(笑)

「単勝ガツン!」は、高松宮のコパノリチャードでしたね~!
いやあ、見事な本命予想でした。
ハナは切らなかったものの、ハクサンは見立て通り。
ミルコの乗り方もあの馬場では完璧だったと思います。

ちなみに私は、頭数を絞り切れず、
馬場を考慮した上で買った馬券は「エーシントップの単複」!(笑)
直線半ばまでは、いい夢を見れました~!(笑)

温泉でリフレッシュですか!
月曜は天気が良くなって、よかったですね!

■うにさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。

高松宮記念は可哀想な馬場でしたね。
パンパンの良馬場だったら、違う結果もあったかな・・・と思う部分もあります。

ところで、土曜日の阪神・甲南S。
馬単12⇔13って・・・
万馬券的中ですよね!!!
1点買いの折り返し、すごいじゃないですか!!
おめでとうございます!!!

高松宮記念のコメントで
そのことにまったく触れられていなかったので、
「あれ?」と思ったのですが・・・
買われてますよね??

もう、この勢いで、
超スペシャルディナーへ突っ走ってください!!
今後の予想も楽しみにしてます!

■ありがとうございます!! [うに]

安東さん、こんばんは! 報告遅れました。当てさせて頂きましたよ(*^^*)
万馬券は、約1年ぶりなんですよぉ(;_;)
今度は、重賞で獲れるように頑張ります!

重賞、特にG1では、煩悩が邪魔するみたいです。試しに準オープンの予想をしてみて、やっと気付きました(笑)
穴馬を無理矢理探し出したらダメですね。消して消して残った馬が、たまたま穴馬だった、というのを目指しています。


最後にカミングアウト。
レッドスパーダは、最初から無理矢理でした(笑)。

■Re:高松宮記念 [Yoshi]

ご無沙汰しております。
復活、おめでとうございます。

このブログがお休みのときは寂しく感じていましたが、お仕事にプライベートに、とても大変だったと思います。
安東さんご自身もあまり無理をなさらず、お時間の限り、続けてくださいね。

さて、今回のG1、久々の大ヒットとなりました〜〜!
これも、安東さんの念入りな分析のおかげです。ありがとうございます。

僕は、安東さんの著書で教えていただいたように、ほとんどの場合5頭にしぼりこむことにしています。

で、それを
・馬連Box10通り
・さらに4頭にしぼって三連複を4通り
・さらに3頭にしぼって三連単4通り
という買い目にしています。

どんなに堅いと思われるレースでも確実なことはありえないのが競馬なので、ある意味、保険的に馬連ボックス買い。
三連複は、配当とにらみ合わせて、本命を中心に勝負。
そして三連単は冒険と夢を買う意味で、多少は大胆な選択
というように振り分けています。

今回は、ずっと追い続けていたハクサンムーンを思い切って消し、短距離では必須と言えるテンの速い馬からコパノリチャードを本命にしました。
ただ、中京の短距離は他場と比較して逃げ切ることは容易ではなく、上がりが要求されるので、ストレイトガールとスノードラゴンもピックアップしました。

で、布陣は
◎コパノリチャード
○スマートオリオン
▲ストレイトガール
△レディオブオペラ
※スノードラゴン
としました。

日曜日は、ちょうど出走時刻がライブ会場の入り時間に重なり、リハから本番と、レース自体はおろか、結果すらわからなかったのですが、打上げが始まる頃に確認したところ、なんと馬連と三連単が的中!

やったぜベイベ!
久々の快感でした〜。ライブ後の興奮と相まって、酒のうまいことうまいこと(笑)。

安東さんの著書を何回も読み返し、マーキングしたり、重要ポイントを書き出したりして大いに活用させていただいたおかげです。
ありがとうございます〜(涙)。

いよいよ春のG1開幕。
これからも、お身体大切にして、またいろいろと教えてくださいねー。

■高松宮記念 [電気羊]


今週はきちんと自分で買えました(笑)
しかし難しかったです。発走1時間前になっても勝ち馬条件をどうするかも決めかねていて、買うのを止めようかとさえ考えました。

■勝ち馬条件
阪神施行の11年含む過去6年の勝ち馬をチェック(前15走)

A.近5走以内に重賞・オープンの1200~1400M戦で2連対以上

B.1200MのG1で5着以内

■血統
改装後の2年、3着以内馬の父は
クロフネ、シンボリクリスエス、キングカメハメハ、ロージズインメイ、アドマイヤムーン

今月の中京1200Mの傾向と合わせても

a.父は産駒が芝ダともに走るタイプ
特にキングマンボ~キングカメハメハがコンスタントに馬券に絡んでいる。
当日の1200M戦も
1着アルカセット(キングマンボ)×SS
3着フジキセキ×ヴァイスリージェント

b.母方に欧州超一流馬の血
トニービン、ニジンスキー、リボー、ミルリーフ

以上から
ストレイトガール、レディオブオペラ、コパノリチャード、ハクサンムーンが勝利に近いと考えました。
ただし、安東さんの見解にもある通りどの馬にも不安材料が。
コパノも調教では左回りを懸念させる様子だったよう。初距離でもあるためコパノを少し下げました。

そしてスプリンターズSの3着馬マヤノリュージン、昨年5着のマジンプロスパー。
そして調教時計を見る限り前走より上昇と思えたスノードラゴン。前走久々の芝で好走、というタイプは大抵切るんですが、逆に消耗していないのではと。母方にミルリーフも買い材料。
マヤノ、マジンより評価し最終的にマヤノは切りました。

で、結果――

スノードラゴン2着に喜んだものの、コパノと買ってないやん!あぁ、コパノ下げたからや……。でも3着何や、お、9番や!

ワイド2つ的中、おかげさまでプラス収支でした。
反省点はハクサンを買ったこと。前走より良くなった感じはなかったですから。
昨年もそれほど良くない印象だったのに走ったこと、当日の1200でアドマイヤムーン産駒が6番人気で2着に好走していたので、まあ自分としては仕方ないかなとも思いますが。

それにしても、申し訳ないですがエーシントップが4着で助かりました(笑…、あ、笑ったらあかんか)。


■Yoshiさんへ [安東 裕章]

お久しぶりです!
コメント、ありがとうございました。
そして、すばらしい的中!
おめでとうございます!!

ハクサンムーンとコパノリチャードの取捨は、ある意味今回の高松宮記念のポイントだったようにも思えますが、コパノを選択したのは大正解でしたね。
パワーを必要とされる馬場になったことで、スノードラゴンも力を発揮できたと思います。

『ツボ』を書いた時と現在とでは、競馬の形もかなり変容したと感じますが、根幹にある「有力馬の消せる要素と穴馬が激走する要素を検討する」というテーマそのものは、予想の上で今でも重要ではないか、と思います。
とはいえ、あんまり持ち上げられると、恥ずかしいです!(笑)

Yoshiさんも変わらずご活躍のようですね。
お元気そうで何よりです!
いろいろとお心遣いをいただき、ありがとうございました。

■電気羊さんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございした。
そして、的中、おめでとうございます!
いやあ~、今回のコメントは関西弁全開ですね~!(笑)

コパノは残念でしたけど、きっちりプラス収支に持ち込むあたりは、さすがですね!
母方の血統背景なんて、なかなかそこまで考えが回らないものですが、そのあたりが「データの鬼」という感じでしょうか。

エーシントップは4着・・・。
実は、スノードラゴンの単複と悩んだあげくの買い目でした。
どうぞ、笑ってください!!(笑)

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。