■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■桜花賞

牝馬クラシック第1弾・GⅠ・桜花賞。

土曜日午後4時の段階で前売り単勝1番人気(1.2倍!)はハープスター。
暮れの阪神JFではハナ差の2着に敗れたものの、前走・チューリップ賞は持ったままで2馬身半差をつける圧勝。デビューから4戦連続で最速の上がりをマークし、管理する松田博調教師からは「ブエナビスタ以上の能力」というコメントも。たしかに器の違いを感じさせる走りでした。
今回は大外枠に入りましたが、後方一気の脚質を考えれば、内でゴチャつくリスクが少なくむしろプラス材料と考えていいでしょう。
当日道悪になった場合、末脚のキレが削がれる不安もありましたが、現在のところ天気予報は曇り。馬場コンディションに左右されることなく、力を発揮することができれば、人気に応える結果になる可能性が濃厚。“1強”という評価は妥当のように思えます。

阪神JFの勝ち馬・レッドリヴェール。
ここまで3戦3勝の無敗馬ですが、いずれも休養を挟みながらの出走。今回もぶっつけ本番で桜花賞というローテーションで臨みます。
420キロ前後の小柄な馬のため、実戦を使いながら体調を維持するのが難しいとのことですが、全力を出し切って走るレースぶりを見る限り、間隔を空けて使わざるを得ないようにも思えます。
もっとも、成長期に経験を重ねていくことの重要性を考えると、前哨戦を使わなかったことはデメリットという見方も。実戦を通じてレベルアップしてきた他馬との力関係がどうなのか。そのあたりが気になります。
さらに、仮に今回結果を出せたとしても、ローテが詰まる形になるオークスでは、取捨が難しくなるかもしれません。いずれにしても、この馬に関しては今後も含めて体調の維持がカギになりそうです。

阪神JF3着馬のフォーエバーモア。
前走・クイーンCは着差以上の強い勝ち方。順当に賞金を加算して本番に備えることができました。
どの位置からでもそつなく競馬ができるタイプでレース巧者の印象。正攻法の走りができて崩れにくいことから、末脚不発のリスクのあるハープスターよりも軸馬向きという意見も多いようです。
ただし、距離不安のある逃げ馬(ニホンピロアンバー、フクノドリーム、コーリンベリーなど)が“行けるところまで行く”と腹を括って飛ばす展開になった場合は、末脚がキレるタイプの方が有利かもしれません。乱ペースに巻き込まれ、前を深追いしすぎて失速という危険を回避するためには、どのポジションでどれだけ脚を溜められるかがポイントになると思います。

前走・チューリップ賞2着のヌーヴォレコルト。
ハープスターにつけられた差は決定的という見方もありますが、初の右回り、初の阪神コースを克服した学習能力の高さとレースセンスは評価できるでしょう。
陣営によれば、「前走は休み明けで反応が鈍かった」とのこと。1走使った上積みが見込める今回、鞍上の指示に応えて鋭く伸びるような脚を使えれば、好勝負に持ち込めるかもしれません。
阪神JFがレベルの高いレースだったこともあり、その1~3着で再度決着するケースも十分に考えられるという声も多い中、1角を崩す可能性もありそうです。

前走・チューリップ賞3着のリラヴアティ。
楽逃げで最後まで粘り込めた感もありますが、相手なり走れる印象も強くなったと思います。勝ち負けはともかく、好位から先団をマークして直線で抜け出すような競馬ができれば面白い存在。ただし、スケールという点では見劣りするとうのが正直なところ。

トライアルのフィリーズレビューを勝ったベルカント。
それまでの逃げではなく控える競馬で結果を出せたのは収穫。「ああいうレースができればマイルでも」という意見もあるようだす。
ただし、インをロスなく立ち回って最内を突けたのには、枠順(1枠1番)の恩恵も大きかったはず。それゆえ、今回の外枠はマイナス材料で、距離に関しても強調できないように思えます。

フィリーズレビュー2着のニホンピロアンバーは距離がどうか。
同レースで1番人気(5着)に支持されたホウライアキコも、イレ込みや直線の不利といった敗因があったとはいえ、ここ2走を見る限りでは坂のあるコースに不安が残ります。
一発の魅力ならば、最速の上がりで4着に追い込んできたアドマイヤビジン。内回りコースで外々に振られながらのレースだったため、今回の外回りは条件好転。ハープスターを併せるような形で外差しの競馬ができれば、圏内の可能性もあるかもしれません。

阪神JF5着のマーブルカテドラルも軽視できない存在。
前走のアナモネSは案外の結果でしたが、陣営によれば6割程度の出来だったとのこと。しかも、走りは中山向きの大マクリでしたから、本来の姿とは言えないでしょう。あくまで叩き台と割り切れば、一変が見込めるとも思います。できれば、最後にもうひと伸びできる脚がほしいところ。

穴候補は2頭。
レーヴデトワールは阪神JFで3番人気の支持を得た馬。陣営によれば「中1週での参戦だったた体調が万全ではなかった」とのこと。デビュー前から期待されていた良血馬だけに、激走があっても驚けないと思います。何より、前走・すみれS(2200m)からの得意のマイルへの距離短縮が不気味。
もう1頭はニシノミチシルベ。
年明けのフェアリーSは除外になりましたが、出走していれば上位人気になっていたはず。調整の狂った菜の花賞と長距離輸送で大幅馬体減のエルフィンSで結果を残せなかったため評価は低くなりましたが、前走のアネモネSではソツのない競馬を見せてくれました。関東馬で唯一の栗東滞在。唯一の外国人騎手。調教後の馬体重マイナス8キロは少なからず気になるものの、内枠から巧く立ち回れば面白いかもしれません。


スポンサーサイト

■コメント

■Re:桜花賞 [ちょび]

昨日はボロボロでした・笑

【桜花賞】
ハープスターについてあれこれ考えるより、
2着3着の穴っぽいところを考えてみました。
観戦しようと思いましたが、なかなか高配当の目もありそうなので
やっぱり参戦します・笑

先週と土曜日見る限り、阪神はディープ産駒の差し天国。
穴党にはつらい馬場です。

本命には18ハープスター。
だってPOG指名馬ですし・笑。
もういいです。穴党お手上げ白旗です。

対抗にレッドリヴェールとマーブルカテドラル。

12レッドリヴェールは実績ももちろんですが、
今の馬場で戸崎騎手が「早め先頭」を選ぶか、
「ちょっと足を溜める」のか、
ちゃんと良い選択をしてくれるでしょう。
根拠はなしですが、多分後者でG前はラチ沿いではなく、
馬場の真ん中あたりをとるのでは。
ハープスターに差されるかもしれないし、
ハナ差で前にいるかもしれないし。
オッズほどの着差はないと見ます。

穴馬はいくらでもいるんですけど、
絞らないと儲からないので、ならば14マーブルカテドラル
臨戦過程は桜花賞の王道ではないのですが、
アネモネSからは2008年のソーマジック3着があり、
700万円馬券の立役者となっています。
まぁこのときの1・2着がもっと人気薄なのが高配当の
本当の原因なんですけど、桜花賞の高配当の理由って
「2歳時は期待されていた、2歳重賞勝った」けど、
近走の結果で人気落ち、というパターンが多いように思います。

マーブルカテドラルは
「伝説の2歳重賞」新潟2歳S5着、阪神JF4番人気5着
前走は明らかな叩き台、動きの軽い好調教
それでいて9番人気単勝58倍は狙う価値充分です。

最後に馬柱だけみると16リラヴァティ
未勝利勝ち後は重賞連続3着。じゃぁ今回も3着位は?笑

3連単F 12/14/18→12/14/16/18→12/14/16/18
18の頭をガツンと10倍。ほぼ1着固定のようなものです。

馬連18→12/14/16
こちらは14-18を厚めに

穴党の意地で馬単12→18と14→18

■桜花賞 [うに]

おはようございます!
色々と悪あがきを考えましたが、ハープスターを物差しにすると、1~3番人気は切れないですねえ。チューリップ賞組からの巻き返しもないかと。

ハープスターに勝てそうなのは、前で更に脚を使える馬、阪神JFで着差無しだったフォーエバーモアが逆転の目があるかなあ…?
あと妙味を求めて、マーブルカテドラル。JFから休養を挟んで叩き2走目が毎年の好走パターン。JFで0秒4差だったこの馬なら、可能性あるかも。

問題は馬券ですね~
G1でも何があるか分からないのが競馬ですから。9・12・14の馬単ボックスと、18を入れた3連複ボックスを買います。

■桜花賞 [電気羊]


ワイド2点的中もなんとも消化不良の感が。1-3着のワイドは厚めに買いましたが、それでも今回は少々赤字。
ただ、収支よりもフォーエバーモアの扱いを間違えたことが悔やまれて……。

■勝ち馬条件
過去5年の勝ち馬をチェック(前15走)

A.マイル1着

B.マイル重賞3着以内

C.阪神マイル経験

まあ、「阪神マイル重賞掲示板」
でも良かったんでしょうが、間口は広く取る方針なので。

■血統
ディープでしょ(笑)
そしてブラッシンググルーム、ターントゥの血を持つ馬も好走。直近のマイル戦でもその傾向は出ていました。
“母方に○○タイプ”というようなことは言いづらい。ただ勝ち馬の母は5年ともノーザンダンサー系。

馬券は、休み明けで臨むレッドリヴェールはやや下げ、ハープスターとフォーエバーモアから。
条件全て満たすヌーヴォレコルト、リラヴァティ、ホウライアキコへ。延長ローテのホウライは難しいだろうと思いましたが、叩いて良くなったようなのと配当狙いで。

フォーエバーモア、血統も調教もイマイチと感じてたのになぁ……。しかも去年もネオユニヴァース産駒を買って失敗してるし!前もって去年の〈桜花賞・復習〉に寄せたコメント読んでおくんでした。切るのは無理でも、ヌーヴォーレコルトを上に取っておけば……(泣)
おまけに当日のマイル戦をチェックし忘れ。ディープ産駒のワンツーで、2着馬の母父がヌレイエフとわかっていればハープ-ヌーヴォをもっと買っていた(?)。

それでも、一日経つとそんなにネガティブにならなくていいような気がしてきています。
勝ち馬の母父はノーザンダンサー系(今年は3頭とも)、2着馬の母方にはターントゥの血が入っており正解。
また、2-3着のワイドは960円。かえすがえすも取れなかったのは残念ですが、ワイドで、しかも堅い決着であっても十分利益が出ることを再認識。
これからも「ワイド利殖馬券術(仮)」を続けていけそうです(笑)


■ちょびさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。
穴党的にともかく、馬連的中おめでとうございます!
桜花賞は順当な結果でしたね。
POG指名馬、強いですね~!(笑)

それにしても・・・、
レッドリヴェールについての「読み」は完璧でしたね!
おっしゃる通り、オッズほどの着差はありませんでした。
馬連1点、100万の勝負でもよかったのでは??(笑)

ちなみに、私は今回は見学。
買っていたら、無理矢理アドマイヤビジンあたりを軸にしたかもしれないので、
まあ、よかったです!(笑)

■うにさんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。
今年の桜花賞は穴党の出番はありませんでしたね。
うにさんもちょびさんも“観戦かな?”と思っていたのですが、
お二人ともマーブルカテドラル!(笑)
たしかに、妙味がありそうな馬ではありましたけど・・・。
ただ、私の見解は、ブログにも書いたように「もうひと押しが欲しい」という感じでした。

馬券的には今週の皐月賞の方が面白そうですね!
バンドワゴンの回避は残念ですが、
成績優秀な馬たちが一同に集結するような形になるので、
どんなレースになるのか今から楽しみです!

■電気羊さんへ [安東 裕章]

コメント、ありがとうございました。

「ワイド利殖馬券術(仮)」!!
いいですね~!(笑)
堅い決着が予想される場合、配当的な面からワイドは手を出しにくいように思えますが、
しっかりした買い方をすれば、プラス収支に持っていけるわけですね。
このあたり、非常に勉強になりました。

ダービー卿のコディーノは・・・困ったもんです!(笑)
2歳時は「キンカメの最高傑作」とまで言われていたのに・・・。
GⅢクラスなら、と考えると、やっぱり消せなくなってしまいますよね。
この馬が強さを見せてくれれば、マイル路線がもっと面白くなるとも思うのですが・・・。

あ、申し遅れました!
的中おめでとうございます!

■Re:桜花賞 [ちょび]

そうなんですよ、マーブルカテドラル、
この馬の読みは完全にミスです・笑

今後もそこそこ人気になりそうですが、
安東さん仰る通り、おそらく掲示板が精一杯のタイプのようです。
馬券買ったあとで、「あ、なんか違うな~…」と正直思っちゃいました・笑

馬連1点勝負は実は一瞬考えたんですよ。
もちろん100万は無理ですけど・笑
週末予算ここに全部はありかなぁって。
でも土曜日に魅力的なレース(=結果的に当たらないレース)を
買いたかったので諦めました。
まぁそんなわけでぼろぼろの週末でしたが、
レース自体は面白かったです。
また来週がんばります!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。