■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Vマイルは難しい・・・!

今週はマイル女王決定戦のGⅠ・ヴィクトリアマイル。
正直、難解なレースだと思います。

土曜午後の時点での前売1番人気はスマートレイアー。
前走の阪神牝馬Sは、出遅れながらも圧巻の末脚で差し切りました。
これについて「東京向きの伸び脚」という意見も多いようですが、見方を変えると、「あの瞬発力をどこまで持続できるか?」という疑問も。(それ以前に、今回も後ろかの競馬をするのかどうか)
もうひとつ伸び切れなかった愛知杯の走りを見ると、長くいい脚を使えるタイプとは言えないかもしれません。

府中のマイルを大得意とする昨年の2着馬・ホエールキャプチャ。
57キロを背負って勝った東京新聞杯の走りも見事で、軸馬として推す声も多く聞かれます。
ただし、この馬の場合、突然大負けすることもあり、信頼性という点ではどうかという印象も。
さらに、昨年から連続してこのレースに出走する馬はホエールキャプチャとヴィルシーナの2頭だけということから、近走頭角を現わしてきた相手との力関係もひとつポイントになるかもしれません。

スマートレイアーも含め、その走りに注目したいのは4歳馬。
クラシック2冠のメイショウマンボは、前走の大阪杯が今イチの内容で、特に、馬体減が気になりました。どれだけ本調子に戻っているかがカギ。
JC2着のデニムアンドルビーは海外遠征帰りで帰厩が10日前とのこと。この馬も体調面が不安材料。
年明けの牝馬重賞で好走を続けているウリウリは、大外枠のため、直線までにどれだけ脚を残せるかが課題。
エリザベス女王杯2着のラキシスは、大跳びの走りは東京向きにも思えますが、マイルの流れへの対応がどうか。
それぞれの課題をどのようにクリアするかが、結果につながるようにも思えます。

他にも伏兵は多数。
コース・距離ともに適性が高く、休養明けを叩いた上積みの見込めるエクセラントカーヴ。
同じく休み明け2戦目で内枠からマイペースで持ち込めた場合のクロフネサプライズ。
平均ペースの消耗戦と予想するならば、追い出してからの持続力がある、フーラブライトとキャトルフィーユの愛知杯1・2着馬も圏内候補。
さらに、近走不振ながらも、「ここを目標に、前走はあえて短い距離を使って馬混みを経験させた」(陣営談)という昨年の覇者・ヴィルシーナにも、一変の可能性があるかもしれません。

私は法事のため、残念ながら参加はできませんが、予想のしがいのある難しいレース。
皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト

■コメント

■Re:Vマイルは難しい・・・! [ちょび]

【ビクトリアマイル】フーラブライド
混戦で実に予想の楽しいレース。
時間があれば何時間でも楽しめますね。

本命にフーラブライド。
クロフネサプライズもそうですけど、
トビが大きい馬が大好きなんですよw
切れ味があるわけではないので、府中向きとは思えないのですが、
距離の不安がないだけに、8枠17番も問題なし。

昨日の東京芝のレースはやたらとスローの前残りが多かったようですが、
クロフネサプライズが引っ張る標準ペース(800m46.3秒位)
と判断しますので、前が総崩れにはならず、
好位差しが「決まり手」としてみています。
フーラプライドが中段あたりのポジションから、
直線ジワジワずんずん伸びて来るイメージです。
酒井騎手が府中の芝1600のG1を勝つとか、ファンとしては胸熱ですね。
仕事がなければ(休日出勤ですわ)府中に観に行きたかったです。


対抗にスマートレイアー。
G1未勝利馬が人気しすぎの感はありますが、
3歳春に書いた自分メモには、何かで見聞きして
「秋になれば重賞も好走できる逸材らしい」とあります。
確かにその通りになったのですが、
秋華賞も重賞未勝利で2番人気だったのは
そう見ている人も実際に多い、ということでしょう。

府中よりも京都1600向きかとは思いますが、
条件戦では府中1800も勝っていますし、
2走前の阪神1800のOP特別を持ったまま差しが圧巻でした。
様々な条件を克服しそうな強さを感じます。
ただし愛知杯の敗因は知りません(笑)目を瞑る!


3番手にクロフネサプライズ
1枠2番じゃなければ無印もありました。
叩き2戦目、この枠から楽に先行・逃げ可能と条件は揃いました。
ただ逃げ切りは先週のミッキーアイルと違い厳しいかと。
他馬が相当舐めてくれればありえますが。
調教は間違いなく前走より上向きの気配です。


穴にストレイトガール
未知数ですが、距離はもつと思います。
前走不良馬場のG1で、馬場の良い所を求めて大外ぶん回しました。
3着に何とか粘ったわけですが、
「1200の大外」≒「1600の最内」はちょっと強引でしょうか・笑
せいぜい1400の大外なら≒かなと思いますが。
これも頭はきびしくても、2着3着なら。

もう1頭穴にヴィルシーナ。
ピークを過ぎた感もありますが、
調教もローテーションもスタッフの必死の立て直し感が漂います。
天皇賞のフェーノメノもそうでしたが、
上位成績の厩舎というのは、やはり「腕が良い」ので、
重賞でも結果が出せるわけで、
立て直しの腕も信頼はできます。


3連単ボックス 1/2/8/14/17
馬連ボックス  上記17以外
抑え3連複流し 6→1/2/8/17
単勝17

■Re:Vマイルは難しい・・・! [いつものへい]

安東先生こんにちは。

Vマイル難しいですね~(´∀`)

軸にはラキシスを抜擢しました。
京都記念では出遅れてが響いての4着でしたが、重のエリザベスで見せた様にタフなコースが合っているのかも、と思います。
東京1600mは息の入りづらい見かけ以上にタフなコースなので、前走からの短縮をプラスと考えました。
対抗にはデニムアンドルビーを。
今回の中では只一頭のドバイ帰りですが、休み前のJCの走りはフロックではないと思います。
単穴にはレイカーラ。
土曜日の京王杯でもそうでしたが、今年の東京新聞杯の出走馬はその後のレースで好走率が高く、またこの馬自身も1600mは(2.2.0.2)と得意にしている事を重く見ました。

連下には、ホールキャプチャ以下、2,3頭あげていますが、基本的には上の3頭でガッツリいこうと思っています。

■ウ゛ィクトリアマイル [うに]

こんにちは。最近のマイル戦は、マイルに向いてなさそうでも格上の馬が来ているので、本命はデニムアンドルビーにしました。ジェンティルドンナの2着があるというのに、現在4番人気は美味しいでしょう♪
対抗に、メイショウマンボとホエールキャプチャとヴィルシーナ。

馬単3⇔4・9・14
3連複ボックスです。

■Re:Vマイルは難しい・・・! [ちょび]

穴候補の2頭は来たものの、マンボはチョイスできず。
ヴィルシーナ同様、マンボも厩舎スタッフの立て直しが
素晴らしい仕事をしたいうことでしょうか。
これは予想ファクターとしては、もっと気にするべきでした。

飯田厩舎はお父さんの頃からチームワークも良いそうですし、
実質裕史調教師が、調教助手の頃から仕切っていたといいます。
今後も注目すべき厩舎になりそうですね。

■Vマイル [電気羊]


今回は1ー2着ワイド的中です!
NHKマイルを外し、アーリントンC以来ついに元本割れ。今回から仕切り直しでしたが、上々の再スタートを切れました。


●勝ち馬資格(過去5年の1着馬より)

[1]前年オークス3着以内。かつ、その後G1で3着以内を記録

[2]過去1年間にG1で3着以内を2回以上

[3]マイルG1連対歴

※[2]と[3]で09年のウオッカを拾えます。

この時点でメイショウマンボとデニムアンドルビーの2頭が中心。

●血統

断然、父ダービー馬!

クロフネ、フレンチデピュティ、タキオン、テレグノシスは違いますが過去5年の3着以内15頭中のべ9頭が該当。
特に今開催のマイル戦ではディープ産駒が着実に馬券に。ただし今回多数。
さらに当日のマイル2鞍ではステイゴールド、バゴ、マンハッタンカフェ産駒が好走。パワーのあるスズカマンボ、キンカメ、ゴールドアリュールも走りそうで……。

●調教

14、17、18、4、6
8、3


馬券は父がディープということで一番手にデニム。次いでメイショウ。
最近は見向きもしなかったヴィルシーナですが、今回はそそられる存在でした。

“勝ち馬は府中2400も走り、マイル重賞も勝っていたが今回はホエール、ヴィルシーナのみ”

こう馬友さんに送った通り、中心視した4歳馬が共にマイル重賞実績を持たないだけに、今年は熟女2頭がにわかに魅力的に見えてきて(笑)
とりわけヴィルシーナ!父がディープ。調教はかなり良し。前年1着馬がリピーターに、等を考えるとここでこそ「買い」と思えました。

スマートレイアーは実績面、そして距離短縮成功後の延長ローテを懸念。切るつもりでしたが、当日の牝馬未勝利戦で上記のバゴ含め、1~3着いずれもブラッシンググルームの血を持っていたので買うことに。ホエールは好走時に比べると調教時計が今一つでしたが、実績と、やはりブラッシンググルームの血を警戒して購入。ただ馬体重等でエクセラント、ラキシス、キャトルを削れたので購入額は想定内に収まりました。

しかし、ヴィルシーナの連覇にも驚きましたが、ストレイトガール3着には恐れ入りました。そして6番人気に評価していた競馬ファンの「クロさ」にはさらに恐れ入ります(笑)


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。