■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■フローラS・復習

1着・ディアジーナ、2着・ワイドサファイア、3着・ハシッテホシーノ。
早くからオークスに目標を絞った2頭と桜花賞2着馬との接戦経験を持つ1頭。トライアル・フローラSは、終わってみれば順当な結果だった。

ディアジーナは好位の外め3番手で折り合いをつけ直線で抜け出すと、最後は後続に2馬身差をつける快勝。流れに強弱のない平均的なペースがこの馬の走りに味方したようにも思えるが、このメンバーの中ではやはり能力が一枚も二枚も上。唯一の重賞勝ち馬がきっちりと結果を出したということだろう。本番まで力を温存するために、仕上がり途上の状態で出走するのではないかという懸念も、どうやら余計な憶測だったようだ。
ゴール前の余力を残した脚色を見る限り、距離が延びることへの不安は見当たらない。とりあえず、オークスの有力候補の1頭とみなしてもいいかもしれない。瞬発力勝負ではブエナビスタには及ばないが、スピードのある先行力が武器の馬だけに、本番当日の馬場状態やレース展開を味方につけることができれば、好勝負に持ち込める可能性もある。

ワイドサファイアはキレる脚を使うタイプという印象があっただけに、最後の伸びに関しては若干不満が残る。しかし、馬群を抜け出す時の速さなど、非凡なセンスを感じさせる一面もあった。課題であった初コース、初の輸送もクリア。本番のオークスはともかく今後を期待できる1頭である。

ハシッテホシーノは今回もマイナス体重。それでも3着に残ったということは気にする要素ではないということだろうか・・・。いずれにしても、2着馬と並んでからの勝負根性は評価できるだろう。キャリア4戦ながらすでに2400mでの勝ち鞍があるだけに、持久力勝負になれば本番でもこの馬の出番はありそうだ。

4着のアイアムネオは直線半ばまで見せ場を作ったが、最後は失速。おそらく距離が長かったのだろう。騎乗した戸崎圭騎手は「一生懸命走り過ぎる馬」とコメント。現時点ではマイルまでの速い流れの方が向いているように思えた。

1番人気(単勝3.9倍)の支持を受けたミクロコスモスは、大外に持ち出すこの馬の正攻法で勝負に挑んだが14着と大敗。『予習』でも述べたように、好走できる条件が限られているため、今回のような馬場で緩いペースになってしまっては、まったく能力を発揮することができない。また、2000mの距離も長かったようだ。この馬に関しては、適条件に出走した時に限って狙うのが正解だろう。

出番のなかった伏兵陣。レース後のコメントは「これからの馬」「完成途上」といったものがほとんどだった。ということは、現時点で最も完成度の高いディアジーナが勝って当然だったわけである。
勝ちタイムの2分2秒2は、この日の8Rに行われた500万条件の時計よりも0.7秒遅い。各馬が折り合いに専念することを優先したためだと思われるが、レースレベルを考えると「高かった」とは言い難い(上位馬の走りを高く評価できないのもそのためである)。
2着に2馬身差をつけたディアジーナの能力は認めるが、同じ先行タイプならば、外差しが有利な馬場を前々で押し切った、阪神・忘れな草賞の勝ち馬・デリキットピースの方が面白い存在のようにも思える。残念ながら、今回のフローラSからは、これまでの勢力図を塗り替えるような新星は現れなかった。




スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。