■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■天皇賞(春)・復習

淀・3200mのゴール板をトップで駆け抜けたのは12番人気の伏兵・マイネルキッツ。3分14秒4というレース歴代3位タイの好タイムで勝利、最強ステイヤーの称号を手にした。
「長距離路線への変更」「早めの栗東入厩」など陣営の戦略ももちろん評価できるが、レースにおける一番の勝因は「流れに乗れたこと」だろう。
テイエムプリキュア、ホクトスルタン、シルクフェイマスがハナを奪い合う展開。前半1600mと後半1600mのタイム差がわずか0.4秒という厳しい流れは、スタミナ・スピード・決め手のすべてを要求されるレースになった。その中でマイネルキッツは、中団で脚を溜め2周目の3コーナー過ぎから前に進出し直線で後続を一気に突き離す“理想的な競馬”を見せた。
松岡騎手の好騎乗も光った。コースロスを防ぐためにとったポジションは終始“中団のイン”。逃げ・先行馬が退いてきた時に前が塞がるリスクを3コーナーからのスパートによって未然に回避。最終的に2着馬につけた“クビ差”は、内と外のコース取りの差と考えることもできる。

惜しくも2着に終わったアルナスラインも見事な走りを見せてくれた。折り合いを意識して前走着用していたチークピーシズを外してのレース。道中はマイネルキッツよりも前のポジションに位置していたが、直線で先頭に取り付く作戦は同じだった。最後まで集中力が途切れない走りができたのは、前走の日経賞で蛯名騎手が積極的なレースをしたことが実を結んだとも思える。こちらもマイネルキッツ同様、ジョッキーの腕というものが好走の一因になったという見方ができるだろう。

1着馬と2着馬に共通するのは、“長くいい脚を使えたこと”。スタミナ・スピード・決め手のすべてを要求されるレースでは、両馬が見せた走りが最も有効だったに違いない。3着以下のドリームジャーニー、サンライズマックス、ジャガーメイルは直線勝負に賭けたレースをしたが、今回の展開では0.3秒差まで詰めるのが精いっぱいだったようだ。モンテクリスエス(12着)、ゼンノグッドウッド(11着)の2頭は4コーナーですでに手ごたえをなくしていた。瞬発力勝負を身上とする馬にとっては、見た目以上にハードな流れだったのだろう。ゆえに、掲示板に載った3頭については、不向きの展開でもそれなりの結果を出したことを評価したい。

1番人気のアサクサキングスは9着、2番人気のスクリーンヒーローは14着に敗れた。敗因について、四位騎手も横山典騎手も「前走(阪神大賞典)の疲れが残っていた」とコメントしている。どうやら『予習』の中で述べた不安(前走の反動)が当たってしまったようだ。スクリーンヒーローについては、前走で無理をさせなかった分だけ回復が見込めるかと思ったが、2戦連続の関西への輸送、しかも今回はGWの渋滞に巻き込まれ予定以上の輸送時間を要したことが体調面に影響したのかもしれない。
先に述べたように、マイネルキッツとアルナスラインの共通点は、“長くいい脚を使えたこと”。そして、アサクサキングスとスクリーンヒーローも本来ならば同じ競馬をするタイプである。実際、直線を向いた時点で先頭に立ったのはこの2頭。マイネル、アルナス、アサクサ、スクリーンの4頭の叩き合いになってもおかしくない状況だった(それを見たかったファンも多いはずだ)。それがアッサリ失速したということは、やはり状態面が完全でなかったのだろう。

今回の出走馬は6月のGⅠ・宝塚記念で再び顔を揃えることになるという。
どの馬も能力を十分に発揮できる万全の体勢で臨んでほしい。



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。