■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■NHKマイルカップ・復習

3連単238万の大波乱! 3歳マイル王決定戦を制したのは10番人気の伏兵・ジョーカプチーノだった。
レースは当初の予想通り、ゲットフルマークスがハナを切ってハイペースで飛ばす展開。ジョーカプチーノは離れた2番手を追走、直線で先頭に立つとそのまま後続を振り切った。2着馬に2馬身差をつける堂々の勝利。1分32秒4の時計は、キングカメハメハが作ったレースレコードを更新した。
『予習』では「番手追走から前走と同じような競馬ができれば残り目もあるかもしれない」と述べたか、まさか先頭でゴールしてしまうとは思わなかった。スピードを要求されるレースの流れになったことが一番の勝因だろうが、速さを身上とするマイルの新星が誕生したことには、素直に拍手を送りたい。

2着のレッドスパーダは調整過程が不安視されていたが、この馬らしいセンスのいい競馬(抜け出してから瞬時に加速する脚)を見せてくれた。ジョーカプチーノ同様、スピード勝負で力を発揮できるタイプ。今回は位置取りの差がそのまま結果につながった感もあるので、今後この2頭がどのような戦いをくり広げていくかに注目したい。

3着のグランプリエンゼルに関しては、正直ここまで走るとは思わなかった。1600mの距離経験がなく、1400mでも1戦して1着外。前々のポジションで競馬をすることはわかっていたが、直線で失速するタイプだろうと予想していた。先行馬に有利な展開ではあったが、最後まで渋太く粘った点は評価していいだろう。

それにしても、道中の馬群は異様な隊列だった。極端に言えば、逃げるゲットフルマークスはハイペース、ジョーカプチーノは平均ペース、後方の16頭はスローペースというふうに、同じコース上で3種類の違ったレースが行われているような感覚に陥った。
こういう形になると、後方集団のさらに中団以降に位置した差し馬は、折り合いに専念するだけになってしまう。脚を溜めるのではなく、動くに動けなくなってしまうからである。

1番人気のブレイクランアウトは、それに加えて集団の外々を回らされる展開。直線で伸びを欠いた理由は道中でストレスがかかりすぎたためという見方もできる。
アイアンルックに関しても同じだ。4コーナーの不利がなかったとしても、馬群のゴチャついたあの位置からでは前には届かなかっただろう。
好位でレースをすると予想されたサンカルロもポジションがあまりに後ろすぎた。流れに乗れないまま掛かり気味になって斜行。陣営の思惑とはまったく違った競馬になってしまった。
差し馬の中で掲示板に載ったのはフィフスペトルのみ。それも4コーナー5番手という普段よりも前目のポジションにいたことで、かろうじて名前が載ったという印象だ。

最後に、馬券には絡めなかったが、今後に期待できる走りを見せてくれた馬を2頭あげておこう。
1頭は、4着に入ったマイネルエルフ。前に馬を置いて好位で脚を溜める正攻法の競馬ができていた。最後は3着馬にクビ差届かなかったが、走りのスタイルが確立されてきたように思えるので、いずれは馬券圏内に入る有力馬の1頭になるかと思われる。
もう1頭は、ワンカラット(6着)。出遅れで後ろからの競馬になってしまったが、ゴール前で内から伸びてきた脚は見応え十分。メンバー中最速の上がり33秒5をマークした。牡馬との対戦、しかもベスト距離よりも長い1600mでこれだけ走れるのであれば、牝馬限定の重賞ならばアッサリと結果を出せるかもしれない。気の早い話になってしまうが、来年の京都牝馬S、阪神牝馬Sあたりが面白い。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。