■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■オークス・復習

ブエナビスタ2冠達成!
直線半ばで前との差は5馬身以上。届くのは物理的に不可能とも思えたその差を、ブエナビスタは一完歩ごとに縮め、最後は先に抜け出したレッドディザイアをハナ差逆転した。上がり3Fは33秒6。レースの上がりを1秒2も上回る驚異的な末脚だった。
安藤勝騎手自身が「失敗した」というように、4コーナーで内を突くか外へ出すかを迷った分だけ仕掛けが遅れた。馬群がバラける気配がないため外へ出したとのことだが、桜花賞の時のように外が伸びる馬場ではない。しかし、そうしたミスや不利をモノともせず、きっちりと結果を出すところがこの馬の強さである。
着差はハナ差でも、ブエナビスタの“凄さ”だけが際立ったレース。「内を突けない馬は強い馬ではない」という格言めいた意見もあったが、展開や馬場を問題にしない瞬発力は、そうした次元を超えていると言ってもいいかもしれない。
秋には凱旋門賞へ出走の予定。世界最高峰のレースでこの馬がどのような走りを見せてくれるのか、今から楽しみである。さらに、個人的な希望を言えば、できることなら年内で引退するウオッカとの対戦もぜひ見てみたい。

2着のレッドディザイアは完璧な走りを見せてくれた。インから徐々に進出し、直線では好位集団の一角。追い出しのタイミングも絶妙でアッという間に後続を突きはなした。普通に考えれば、寸分のスキもない“勝ちパターン”だが、今回の場合、相手が強すぎたと言うしかないだろう。
とはいえ、この馬のポテンシャルが相当高いレベルであることは、はっきりと証明された。ブエナビスタと共に、この世代の牝馬戦線の中心となる馬であることは間違いない。今後もブエナビスタの好敵手であり続けてほしい。

2着馬に3馬身離された3着にはジェルミナル。堅実性のある走りが結果につながった形である。スタート後は中団より前に位置取り、道中で少し下げて直線の末脚にかける競馬。この馬もまた完璧なレースができたと評価していいだろう。収穫は長くいい脚が使えたこと。決め手勝負では分が悪くても、必ず上位に食い込んでくるようなタイプになるかもしれない。

4着のブロードストリートは大健闘と言っていいだろう。中2週のローテーションで桜花賞組と差のない競馬ができたことは、今後の期待へとつながる。重賞戦線の場数を踏んでいけば、さらに走りに磨きがかかるはず。鞍上の藤田騎手も「これからもっとよくなる馬」と評価。個人的な印象で言えば、1~2年後のヴィクトリアマイルで狙ってみたいタイプである。

5着はオークスを目標としていたディアジーナ。内田博騎手は「この馬なりに頑張った」とコメントしたが、ファンが期待したほどの走りはできなかったような気がする。直線ではレッドディザイアに先に抜け出され、最後もジリジリとしか伸びていない。クイーンCやフローラSの時のように、自分のリズムが全体の流れになるようなレースでなければ、勝ち切ることは難しいかもしれない。

掲示板には載れなかったが、6着のデリキットピースには将来性を感じた。キャリア3戦目のGⅠで、番手で折り合い直線では先頭に立つレースぶり。馬群に吸収されても6着に踏みとどまる渋太さ。経験を積んでいけば、勝ちパターンを持った先行馬になれるかもしれない。今後の成長が楽しみだ。

秋にもう一度期待したいのは、ダノンベルベール。桜花賞で減った体重が戻らず、イレ込み気味。体調が万全でなかったとしか思えない。じっくり立て直して、以前のようなキレのある走りを見せてほしい。

終わってみれば、桜花賞とまったく変わらない1・2・3着。もっとも、この結果は十分納得できる。他よりも数段上のレベルにいる1・2着馬と、ひときわ競馬の上手い3着馬。現時点での力の差がそのまま結果になったレースだったということだろう。



スポンサーサイト

■コメント

■素晴らしかった! [T]

ブエナビスタの強さが際立ったレースでしたね!
直線の伸びには感動すら覚えました!
ハナ差で敗れたレッドディザイアも強かったですね!
いいレースが見れて本当によかったです!

これからもブログを拝見させていただきます。お忙しいとは思いますが頑張って下さい!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■オークス

オークスなど。 第70回オークス(JpnI)の勝ち馬。 オークス・復習そして!!

■ブエナビスタ 馬

ブエナビスタ・ホームエンターテイメント いまを生きる商品価格:1,197円レビュー平均:0.0 ブエナビスタは・・・大丈夫だよね?ブエナビスタは・・・大丈夫だよね?言うまでもないですが、ブエナビスタはTMプリキュアのようにはなりませんよね?分かりきった質問かも?...

■ブエナビスタ 意味

定額給付予想「マス競馬」 | 優駿牝馬(オークス)、レース後のコメント 1着 ブエナビスタ 安藤勝騎手「負けてなくてよかったと思います。ゴールを過ぎてからレッドディザイアと変わったと思っていたくらい、勝った自信はありませんでした。4コーナーの手前で内へ行く?...

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。