■未分類

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■少しだけ皐月賞

仕事の都合でブログは休載の予定でしたが、少しだけ時間ができましたので、皐月賞の見解を少々。
近年稀にみる大混戦の皐月賞。取捨選択が非常に難しいレースに違いありません。
今回は大胆にも自分の買い目を書いてみようと思います
と言っても、現実には馬券を変えないのですが・・・。

5戦すべてが左周りコースで、レコード勝ちの軽いスピードが今の中山の馬場には適していないと思われるイスラボニータ。
前走・弥生賞ではトゥザワールドをハナ差まで追い詰めたものの、3コーナー手前でトゥザワールドが動いた時に置かれたことも事実で、脚の使い方が難しい(=加速までのタイムラグがある)ワンアンドオンリー。
大物感は認めるものの、デビューから3連勝はいずれも少頭数で激流に揉まれるような競馬を経験していないトーセンスターダム。
スプリングS勝ちは鮮やかだったが、絶妙ナ道中のポジション取り(後方・イン→中団・中→好位先頭・外)はデムーロ騎手の技術に因るところが大きかったロサギガンティア。

以上の4頭は、マイナス材料をもとに思い切って“消し”。
(中山最内+横山典騎手のワンアンドオンリーは怖い存在ですが、直線でインを突けないリスクもあり)

緩急に関わらず自分から動く競馬ができるトゥザワールド。
前走は休み明けの反応に鈍さを見せながら底力で2着まで追い上げたアジアエクスプレス。
バンドワゴンの回避で、自分のペースでレースを作れる可能性が高くなったウインフルブルーム。
(ただし、ウインは前走を見る限り2000mがギリギリという感じもしたので、道中うまく息を入れられることが条件)

馬券を買うとすれば、上記の8枠3頭の3連単ボックス。
さらに押さえとして、ペース・ポジションを問わずに相手なりに走れるクラリティシチーと、前走で前目の競馬もできることを印象付けたアデイインザライフの2頭からの3連複。

と、まあ、こんなところでしょうか。
かなり乱暴(無謀)ですが・・・(笑)


それでは、皆様のご健闘をお祈り申し上げます。
私はこれからまた夜通しで仕事です。


安東 裕章



■残念です!!

今週、来週は長期出張のためお休みです。
皐月賞はキッチリ予想したかったのに・・・(泣)

皆様のご健闘をお祈りいたします。


安東 裕章

■桜花賞

牝馬クラシック第1弾・GⅠ・桜花賞。

土曜日午後4時の段階で前売り単勝1番人気(1.2倍!)はハープスター。
暮れの阪神JFではハナ差の2着に敗れたものの、前走・チューリップ賞は持ったままで2馬身半差をつける圧勝。デビューから4戦連続で最速の上がりをマークし、管理する松田博調教師からは「ブエナビスタ以上の能力」というコメントも。たしかに器の違いを感じさせる走りでした。
今回は大外枠に入りましたが、後方一気の脚質を考えれば、内でゴチャつくリスクが少なくむしろプラス材料と考えていいでしょう。
当日道悪になった場合、末脚のキレが削がれる不安もありましたが、現在のところ天気予報は曇り。馬場コンディションに左右されることなく、力を発揮することができれば、人気に応える結果になる可能性が濃厚。“1強”という評価は妥当のように思えます。

阪神JFの勝ち馬・レッドリヴェール。
ここまで3戦3勝の無敗馬ですが、いずれも休養を挟みながらの出走。今回もぶっつけ本番で桜花賞というローテーションで臨みます。
420キロ前後の小柄な馬のため、実戦を使いながら体調を維持するのが難しいとのことですが、全力を出し切って走るレースぶりを見る限り、間隔を空けて使わざるを得ないようにも思えます。
もっとも、成長期に経験を重ねていくことの重要性を考えると、前哨戦を使わなかったことはデメリットという見方も。実戦を通じてレベルアップしてきた他馬との力関係がどうなのか。そのあたりが気になります。
さらに、仮に今回結果を出せたとしても、ローテが詰まる形になるオークスでは、取捨が難しくなるかもしれません。いずれにしても、この馬に関しては今後も含めて体調の維持がカギになりそうです。

阪神JF3着馬のフォーエバーモア。
前走・クイーンCは着差以上の強い勝ち方。順当に賞金を加算して本番に備えることができました。
どの位置からでもそつなく競馬ができるタイプでレース巧者の印象。正攻法の走りができて崩れにくいことから、末脚不発のリスクのあるハープスターよりも軸馬向きという意見も多いようです。
ただし、距離不安のある逃げ馬(ニホンピロアンバー、フクノドリーム、コーリンベリーなど)が“行けるところまで行く”と腹を括って飛ばす展開になった場合は、末脚がキレるタイプの方が有利かもしれません。乱ペースに巻き込まれ、前を深追いしすぎて失速という危険を回避するためには、どのポジションでどれだけ脚を溜められるかがポイントになると思います。

前走・チューリップ賞2着のヌーヴォレコルト。
ハープスターにつけられた差は決定的という見方もありますが、初の右回り、初の阪神コースを克服した学習能力の高さとレースセンスは評価できるでしょう。
陣営によれば、「前走は休み明けで反応が鈍かった」とのこと。1走使った上積みが見込める今回、鞍上の指示に応えて鋭く伸びるような脚を使えれば、好勝負に持ち込めるかもしれません。
阪神JFがレベルの高いレースだったこともあり、その1~3着で再度決着するケースも十分に考えられるという声も多い中、1角を崩す可能性もありそうです。

前走・チューリップ賞3着のリラヴアティ。
楽逃げで最後まで粘り込めた感もありますが、相手なり走れる印象も強くなったと思います。勝ち負けはともかく、好位から先団をマークして直線で抜け出すような競馬ができれば面白い存在。ただし、スケールという点では見劣りするとうのが正直なところ。

トライアルのフィリーズレビューを勝ったベルカント。
それまでの逃げではなく控える競馬で結果を出せたのは収穫。「ああいうレースができればマイルでも」という意見もあるようだす。
ただし、インをロスなく立ち回って最内を突けたのには、枠順(1枠1番)の恩恵も大きかったはず。それゆえ、今回の外枠はマイナス材料で、距離に関しても強調できないように思えます。

フィリーズレビュー2着のニホンピロアンバーは距離がどうか。
同レースで1番人気(5着)に支持されたホウライアキコも、イレ込みや直線の不利といった敗因があったとはいえ、ここ2走を見る限りでは坂のあるコースに不安が残ります。
一発の魅力ならば、最速の上がりで4着に追い込んできたアドマイヤビジン。内回りコースで外々に振られながらのレースだったため、今回の外回りは条件好転。ハープスターを併せるような形で外差しの競馬ができれば、圏内の可能性もあるかもしれません。

阪神JF5着のマーブルカテドラルも軽視できない存在。
前走のアナモネSは案外の結果でしたが、陣営によれば6割程度の出来だったとのこと。しかも、走りは中山向きの大マクリでしたから、本来の姿とは言えないでしょう。あくまで叩き台と割り切れば、一変が見込めるとも思います。できれば、最後にもうひと伸びできる脚がほしいところ。

穴候補は2頭。
レーヴデトワールは阪神JFで3番人気の支持を得た馬。陣営によれば「中1週での参戦だったた体調が万全ではなかった」とのこと。デビュー前から期待されていた良血馬だけに、激走があっても驚けないと思います。何より、前走・すみれS(2200m)からの得意のマイルへの距離短縮が不気味。
もう1頭はニシノミチシルベ。
年明けのフェアリーSは除外になりましたが、出走していれば上位人気になっていたはず。調整の狂った菜の花賞と長距離輸送で大幅馬体減のエルフィンSで結果を残せなかったため評価は低くなりましたが、前走のアネモネSではソツのない競馬を見せてくれました。関東馬で唯一の栗東滞在。唯一の外国人騎手。調教後の馬体重マイナス8キロは少なからず気になるものの、内枠から巧く立ち回れば面白いかもしれません。


■すみません!

急用のため、今週のブログはお休みします。

皆様のご健闘をお祈りいたします。


安東 裕章

■高松宮記念

春のスプリント王決定戦、GⅠ・高松宮記念。
ロードカナロア引退後の新たな勢力図を確認する上でも、非常に興味深い一戦になりました。
今回は1頭ずつ検討してみたいと思います。

●マジンプロスパー
スプリントGⅠの常連で中京巧者だが、外目からスムースに進出して直線先頭が勝ちパターンのため、今回の最内枠はマイナス(枠順決定後の陣営のトーンも低い)。もっとも、荒れ馬場は苦にしないタイプなので、内々をロスなく回って最内を突くような競馬ができれば、圏内の可能性も。

●サクラゴスペル
昨年の4着馬。秋のスプリンターズSでも4番人気に支持され、本来の能力評価は高い馬。その意味では人気の盲点と言えるかもしれない。マイルからの距離短縮、鞍上は中京得意の松山騎手。不気味な存在にも見える。末脚のキレるタイプではないので、内々を巧く立ち回れるかがポイント。

●サンカルロ
前走・阪急杯で見せた末脚は圧巻。8歳馬だが衰えは感じさせない。ただし、前走で最内がポッカリ空いたのはあくまで展開のアヤ。できれば外枠が欲しかったという陣営のコメント通り、差し勝負に持ち込むならば外を回りたいところ。先行勢が多いため直線でどのように馬群を捌くかがカギ。

●レッドオーヴァル
初の1200、斤量55キロといった課題があり、重賞未勝利のため実績面での見劣りも否めない。ただし、この馬を管理するのは、カレンチャン、ロードカナロアを輩出した安田隆厩舎(2週前のトリトンSもこの厩舎の馬のワンツー)。素質を見抜いた上でのスプリント参戦であるのならば、軽視はできない。

●コパノリチャード
前走・阪急杯は2着馬に0.7秒差をつける逃げ切り勝ち。1200は初距離だが折り合いを気にしなくて済む分、さらにスピードを生かせるはず。問題はハクサンムーンの存在。テンのスピードではハクサンに劣るため、どのような戦法をとるのか。陣営は「控えてもいい」とコメントしているが・・・。このあたりはデムーロ騎手の手綱捌きに注目。

●リアルインパクト
出走メンバー中、唯一のGⅠ馬。初の1200m戦となった前走のオーシャンSは8着。出遅れが敗因と言われており、一戦だけでは見限れないかもしれない。もっとも、本来の先行策で臨んだとして、スプリントの速い流れに対応できるかどうかは未知数。

●レッドスパーダ
昨年の秋天にも出走していたように、マイル以上の距離でマイペースの走りをするイメージが強い。そう考えると、前走・オーシャンS3着は及第点以上の結果かもしれない。時計勝負では分が悪いだろうが、パワーを必要とする消耗戦になれば浮上する余地も。左回りはプラス。

●ガルボ
前走の阪急杯は、コパノリチャードをマークする競馬をしながら4着に踏み止まったという点では評価できる。今回は久々の1200m戦。番手マークから直線抜け出しが持ち味の馬なので、流れへの対応と同型(逃げ馬マーク)との兼ね合いがカギ。

●ストレイトガール
前売り1番人気。昨年夏以降は目を見張る快進撃が続き、前走のシルクロードSも逃げ馬をマークして直線で突きはなす“横綱相撲”の競馬。北海道の洋芝で結果を残していることから、時計のかかる中京の馬場も苦にはしないだろう。あとは、キャリア的には前走が重賞初勝利という馬だけに、500万からトントン拍子に勝ち進んだ勢いで、GⅠの壁をも突破できるかどうかが課題。

●シルクフォーチュン
芝・ダート兼用の8歳馬。イメージとしては、最後方から追い込んできて3着というタイプ。それゆえ、先行勢の揃った今回は、展開次第で突っ込んでくる可能性も。もっとも、近走はダート戦にシフトしているようにも思えるので、芝で以前のようなキレ味を発揮できるかどうかは少なからず不安。

●インプレスウィナー
左回りの芝1400では強烈な末脚を発揮する馬。ただし、ここ3走は1200m(うち2走は右回り)でも差のない競馬をしているので、ハマれば怖い存在。先行激化が予想される中で、穴馬として取り上げる競馬記者が多いのもそのためだろう。あとは、当日の馬場状態。あまりの道悪になった場合はキレ味が削がれるかもしれない。

●ハクサンムーン
スプリントGⅠ3着→2着、さらにセントウルSではロードカナロアに勝利という実績を踏まえれば、ここでは間違いなく有力候補。ただし、休み明けだったとはいえ前走のオーシャンSの失速を見ると、「本当に巻き返せるのか?」という不安もよぎる。たしかに、昨年はオーシャンS9着からの一変を見せたが、元来「寒い時期は体が硬くなりやすいタイプ」(陣営談)である以上、昨年夏の走りをそのままイメージするのは危険かもしれない。今回のレースの取捨選択において、一番のポイントになりそうな馬。

●アースソニック
昨年秋の京阪杯勝ち馬。もっとも、スローの前残りのレースだっただけに、展開が味方した部分も少なくない。実際、近2走はハイペースで流れに乗り切れないチグハグな競馬。正直、GⅠでは敷居が高い印象。

●レディオブオペラ
4連勝で臨んだ前走のシルクロードSではストレイトガールに交わされ2着。陣営いわく、大幅な馬体減が敗因とのこと。となれば、体調次第では見直せる余地も十分ある。問題は、この馬の良績が京都に集中していること。京都の軽い芝と中京の時計のかかる芝は明らかに異質。そのあたりを克服できるかどうかがカギ。

●スマートオリオン
前走・オーシャンS勝ち。1200mでは8戦すべて連対という数字が光っている。気になるのはローテーション。連闘後の中2週で輸送競馬。近走すべて中山で走っていることもあり、余計に輸送による負担が不安視される。前走は最内から抜け出す、言わばコース取りの勝利。外目の枠に入った今回はどのようなポジションからレースを進めるのか。名手・横山典騎手の乗り方に注目。

●エーシントップ
昨秋以降はダート戦線に矛先を向けていたが、ここで再び芝へ。2・3歳の重賞で3勝をあげているが、初の1200mでいきなりGⅠはどうか。明け4歳の成長力を考えると、不気味な存在にも見えるが、好走の裏付けは乏しいというのが正直なところ。ただし、信じられない大穴を開けるのは、こういうタイプかもしれない。

●スノードラゴン
ダートから芝へ転じた前走のオーシャンSで2着。とはいえ、芝では前走を含めて〈0.4.0.1〉の数字を残しているので、フロック視はできないだろう。時計がかかって、外差しが決まるような展開になれば面白い存在。インプレスウィナーと同じく、穴記者の推奨が多い1頭。

●マヤノリュウジン
昨秋のスプリンターズS3着。前半が速く、上がりがかかる展開を得意としていて、それゆえ京阪杯は流れが向かなかった。スプリンターズSの時は好位のインで流れに乗れただけに、今回の大外枠はマイナス材料だろう。先行したいタイプ全般に言えることだが、3コーナーまでにどのようなポジションを取れるかどうかがポイントになりそうだ。


こうして全馬について書いてみると、ロードカナロアの引退によって、王者不在の混戦であるように思えます。ストレイトガールが前評判通りに新たな“スプリント女王”の座につくのか。あるいは、他の馬が名乗りをあげるのか・・・。
当日の雨予報は心配ですが、熱戦を期待したいと思います。




カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

プロフィール

安東裕章

Author:安東裕章
東京都出身。2007年11月に書籍『競馬のツボ』、2008年7月に『競馬のツボ2』、2009年7月に『競馬のツボ3』を発表(いずれも総和社刊)。

このたび、拙著『競馬のツボ』を刊行していただいた出版社・総和社様の勧めもあって、ブログを始めることにしました。
競馬における一番の楽しみは、レースについて考えること。つまり予想です。
このブログを書くことで、自分でも週末のレースに向けてイメージを膨らませる訓練になるかと思います。
競馬について考えることが好きな皆様。レース予想に疲れて気分転換をしたい時など、よろしければフラッと遊びに来てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。